自宅で出来る簡単な腹筋の方法!

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

7月に入り暑さが一段と厳しくなってきました。

場所によっては、40℃超すところも出てきており熱中症になりやすくなっています。

日ごろから運動をしていて身体が慣れていても、日が出ている場所での長時間の運動や

高温多湿の場所では、熱中症のリスクが高くなります。

日ごろ運動をしていない方は、いきなり外で運動をすると身体が慣れてないので、

日陰であっても熱中症のリスクが高くあります、

徐々に暑さに身体を慣らすのも大切ですが、室内で身体を動かし体力をつけるのも大切なことです。

いきなりハードなトレーニングではなく軽いところから始めていき、体力を付けましょう。

今回は、腹筋を紹介します。

今回の腹筋は、身体を起こしきるのではないので初心者の方にもおすすめです。

太ももに手をあて、へそを見るようにします。

へそを見たまま身体を丸くしていき、手を膝まで滑らせましょう。

10回を目安にやりまだまだ余裕な方は、ゆっくり5秒かけ膝まで行き、5秒かけ身体を戻しましょう。

膝まで手が伸びない方は、まずは膝まで手を伸ばす事を目標に、出来る限りからだま丸くしてみましょう!

腹筋をを鍛えると腹圧が高められ体幹が固定しやすくなり腰痛の予防にもなります。

家で身体を動かす際は、参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。