肩痛・肩こり対策ストレッチ

肩痛・肩こり対策ストレッチ カテゴリー アーカイブ

肩こり予防のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です♪( ´▽`)

今日は、朝から雲行きが怪しくて運動会を控えていた方々は心配になっていたんでしょうね。。

何もともあれ、天候も次第に回復して行ったのでよかったですね!

この天候なら、開催できたんではないでしょうか( ^ω^ )

お子さんの頑張ってる姿がみれたら言うことないでしょうね!

そんな姿を見ていて応援に力が入りすぎて肩がこってくることにもなる方がおられるかもしれません笑

そんな方達のために、肩こり、肩こり予防のストレッチを紹介させてもらいたいと思います!!

今回のストレッチもとても簡単に出来るものなのでしっかりやってみてください。

【ストレッチの仕方】

①脚を大きく開いて椅子の右半分または左半分に座ります。

②右手または左手を太ももの上に置き、左手または右手の指先を座面の端に引っ掛けて持ってください。

③左腕または右腕を伸ばしたまま上半身を右方向または左方向に傾けて10秒キープします。

④反対方向も同様に行います。

!!注意点!!

・椅子の端を腕の力で引っ張ろうとして逆に僧帽筋が収縮してしまうNG例。
 指先だけ座面に引っ掛けて脱力して肩を落とすことが重要です。

こういった点に気をつけて空いている時間にやってみてください!!

黒板に描いた絵は、まっすぐ座ったままですが、ゆっくり傾けていってくださいね。
そのままだと全然伸びませんので。。笑

肩こり予防のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です( ^ω^ )

今日は、あいにくの天気ですね。

今日だけでなくこの1週間雨マーク☔️がズラリと並んでいました…。

涼しくなるのはいいけど、雨が続くとつらいものがあります

そんな雨の日は、外出することも減り家の中でじっとすることが増えてくると思います。

そういった時には、自宅で簡単にできるストレッチをやってみましょう!

ストレッチは筋肉の不調だけでなく、便秘や不眠の改善にも役立つと言われています。

病名こそついていないけれど、身体の調子が今ひとつ悪い。

そうしたいわゆる不定愁訴の代表格といえば、肩こりや腰のだるさ。

主な原因として考えられるのは、やはり姿勢の悪さや不活動による血行不良で

代謝産物が蓄積され、筋肉に十分な酸素や栄養が行き届いていないこと。

このようなことであれば、ターゲットの部位をストレッチで習慣的に伸ばすことに

よって症状を改善させることは十分に可能です。

ストレッチの目的の一つが、まさにコリや張りの解消、そして予防です。

今回紹介するストレッチは肩こり予防のストレッチです。

椅子を使ったストレッチで、まずは脚を大きく開いて椅子の右半分に座り、

右手を太ももの上に置き左手の指先を座面の端に引っ掛けて持ちます。

その状態で左腕を伸ばしたまま、上半身を右方向に傾けて10秒間キープします。

逆も同様に行なっていきます。

注意点は、椅子の端を腕の力で引っ張ろうとして逆に僧帽筋といわれる筋肉が収縮、

緊張してしまうのはNGです。

指先だけ座面に引っ掛けて脱力して肩を落とします。

簡単に座りながらできるので、自宅なり、仕事場なりで是非やってみて下さい!

今週のストレッチ今週のストレッチ

こんばんは!

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です( ^ω^ )

久しぶりの投稿ですが、この数日、数週間は地震・豪雨・台風と世間を賑わす災害があり、

私たちも少なからず被災していた現状でした。

ここ最近の日本の、いや世界の環境・自然による災害が異常に多かったと思います。

やはり、温暖化の悪化により地球規模で災害が増えてきてるなと感じるようになりました。

少し前のニュースでは、スターバックスがプラスチック製のストローを廃止するという話が取り上げられていましたね。

世界的にも、今の状態を重く受け止めつつあるんだなという形になってきたと思います。

改めて考えると、僕もそうですがプラスチック類などのゴミの分別がまだまだ行き届いていないところが

あるなと感じました。

そういった身近なところから正していくことで今ある環境問題に取り組んでいけると思うので

僕もこれから意識してリサイクルなど環境に気を配っていこうと思います!!

さて、ガラッと話は変わりますが今回は今週のストレッチを紹介していきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

今週は皆さんもご存知の方は多いと思いますが肩の簡単なストレッチです。

【ストレッチの仕方】

・前にならえをした状態から腕をクロスさせて片腕で反対側の腕を抱え込むようにします。

・抱えられている腕にアゴが乗るぐらいまで引きつけます。 

・抱えられた腕の指先が肩より下がらないように引きつけます。

・左右15秒ずつ程度伸ばします。

注意点!

・抱えている側の腕をしっかりと引きつけることが重要。

・抱えられている腕の肘が曲がらないように心がける。

注意点を確認しつつご自宅でもやってみてください!!

上腕三頭筋のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です( ^ω^ )

 

昨日は、大阪北部で地震がありみなさん大変な目にあったと思います。

今後も余震が続くと思われるので、身の安全に十分に気をつけてお過ごしください!

 

さて、今回は上腕三頭筋のストレッチを紹介させていただきたいと思います!!

上腕三頭筋は、長頭が肩甲骨まで付着しているため肩こりに大きく関係している

と言われています。

上腕三頭筋が固まってしまうと、肩関節の可動域が狭くなってしまい、結果的に

肩こりを招いてしまうのでストレッチをして解決の糸口を見つけていきましょう!

 

 

 

【ストレッチの仕方】

①直立して立つか、両膝を着いて立ち骨盤幅に開き体を安定させます。

②片方の腕を伸ばしてクロスさせます。

③左右10秒ずつ行うようにしてみてください!(交互ではなく片方ずつです笑)

 

注意点は、顔は正面を向いたまま伸ばした腕を引き寄せるようにします。

あとは、リスク管理として無理に伸ばしすぎないようにしましょう!!

 

上腕のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です。

今週のストレッチ用意しました!!

暑くなる時期!

ストレッチをして気分爽快といきましょう!!

首のストレッチ!!今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

昨日はすごい雨でしたね。。

気温の変化も大きいので、風邪には要注意です!

お待ちかね、今週のストレッチをお送りします!!

今回は首のストレッチ!

すぐにできる簡単なストレッチなので今日から試してみてください!!

風呂場での転倒で肩を痛めて症例ブログ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です。
今回は風呂場で足を滑らせて左肩を打った症例を紹介します!

箕面市在住の20代男性N・Tさん

10月28日、風呂場にて足を滑らせて左肩を強打。

転倒直後から脱臼かと思うほどの激痛が左肩の前方に生じた。

受傷日から2日経っても痛みがまったく変わらない為、当院を受診。

29日から右頚部も肩の痛みをかばってか起き上がりの際に痛むということでした。

診させて頂いたところ、心配されていた左肩の脱臼は無く、肩の動き、痛みの場所から、外傷による左肩滑液包炎と判断しました。

頸部に関しては右の胸鎖乳突筋という筋肉に明らかな硬結(硬い筋肉)がみられ発症日からはしても筋膜性の疼痛と考えました。

治療はイーファスを行い、現在掛かってる負担をなるべく早期に減らすよう治療を行いました。

初回治療で肩の外転90°から100°まで動作が改善されました。

症状を早くよくする為に自宅でもできる体操を指導し、初日は終了しました。

その後もみるみる良くなり、3回の治療後には左肩正常可動域180°まで回復、頸部も動作痛が全く無くなり、大変喜んでいただきました。

まだ初動に痛みを少し感じておりましたが、5回目で症状消失した為完治としました。

今回、継続した来院を意識して下さったことや自宅でも体操を続けてして頂けたことが早期回復に繋がったと考えます。

当院では外傷の患者さんも多く来院されています。

ぜひお困りの際は当院にご相談下さい!!

経過としては、3回の治療で痛みはおおよそ半減し、5回目でほぼ腰の痛みは改善しました。7回目で完治としました。

痛みは無くなりましたが、再度腰痛繰り返さない体作りを現在行なっています!

長引く症状には不良姿勢が伴います。

これは逆に言えば、体の軸が整えば症状は収まると言うことです。

なかなか治らない腰痛でお悩みのあなた!

どんなことでも構いません。ぜひ当院にご相談ください!!

*効果には個人差があります。

突然の肩の痛み症例ブログ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

 

今日は日頃から感じていた肩のコリが痛みに変わり突然強くなったが徐々に回復していった症例を発表します!

箕面市在住の30代女性 K・Eさん

保育のお仕事をしており、 趣味として週に1回 ダンスをされています。
保育の仕事を始めた頃から首や肩のコリがあり、慢性的になっていました。

8/20 ダンスイベントがあり、そこでの疲れが一気に来たのか、イベント後から肩が痛み出しました。

その痛みはどんどん強くなり、来院された同月22日には右肩はほぼ上がらない状態でした。
肩峰下に圧痛、外転時痛があり、肩を上げたり手を背中に回す動作で激痛がありました。

治療は、イーファスを行い1回の治療で肩外転90°→100°まで改善しました。

痛みに関しては、まだまだ強いですが肩関節の可動域が大きく改善しました。

その後も継続した治療を行い、治療回数を重ねるごとに肩関節の可動域が向上していき、5

回を数える頃には、正常値180°まで改善し痛みを感じることが無くなり完治としました!

 

今回は、仕事にも支障をきたすほどの痛みで早く痛みを取るために連続的な治療を提案させて頂きました。

Kさんがその提案通りに来院して下さったことが早期完治に繋がったと思います!

 

痛くて仕事にならない。早く痛みを取ってほしい。とお悩みのあなた!

是非一度当院にご連絡ください!!

 

手根管症候群肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の福井です!

今日は手根管症候群についてご紹介します。

●手根管症候群とは?

手関節にある”手根管”の中で正神神経が圧迫されることによって起こる神経障害です。

妊娠、出産期の女性や更年期など女性ホルモンが乱れやすい時期に多いとされています。

一般的に女性に多い疾患です。
●原因は?

仕事などによる手の使いすぎ

妊娠、閉経などによるホルモンバランスの乱れから起こるもの

ガングリオンや関節リウマチによるもの

手根骨の脱臼や変形性手関節症など
●手根管症候群の症状

手の母指から薬指のしびれ、感覚低下

母指球筋の筋力低下や萎縮による猿手変形

つまむなどの細かい動作が出来ない

夜間就寝時や早朝にしびれが増強する
●診断

ファーレンテスト…胸の前で両手の甲を合わせる。約60秒そのままの状態でいて、しびれか強くなったりすれば陽性とします。

チネル徴候…手根管部を打鍵槌で叩き、しびれがでれば陽性とします。
●治療

最も早く治すためにはサポーターやシーネなどを用いて固定し安静にしていることが一番です。

上肢のマッサージを行うことも有効だと考えられます。

安静時痛や夜間にしびれ、痛みで目が覚める時などはアイシングを行います。
●予防

パソコンなどを使う時に手首の下に丸めたタオルなどを置くことで負担を軽減できます。

また、片手に負担がかかり過ぎないように両手で行えることは両手で行いましょう。

上腕後面のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者さまからご好評頂いている

とくやま鍼灸接骨院の山村颯です!

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください!

?

今回は上腕後面のストレッチを紹介します!

img_9589

?伸ばしたい方の腕を反対の手で抱えます。

?そのまま手前に引きましょう

?心地いい程度で止め、10秒キープ

?反対の腕も行いましょう

?

スポーツの秋!

運動する前にしっかりとストレッチをして楽しく秋を満喫しましょう!

?

1 / 3123
カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約