肩痛・肩こり対策ストレッチ

肩痛・肩こり対策ストレッチ カテゴリー アーカイブ

【肩コリ予防】タオルを使って首元の筋肉のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨の佐々木です。

オリンピック開幕しました!

各地でいろんな競技が本格的に始まって行きます。

無観客での試合になり家での応援になりますが、頑張っている選手を応援しましょう!

テレビで熱い試合をしているとこっちも体を動かしたくなりますよね。

ですが久しぶりに動くと肩コリや筋肉痛になりますね。

そうならないようにストレッチをして予防しましょう。

ストレッチ紹介

頭の後ろにタオル回し頭を、前に倒します。

ゆっくり右手を伸ばし左を振り向くようにします。

そこで5キープします。

次にゆっくり左手を伸ばし右を振り向くようにします。

そこで同じく5秒キープします。

早く振り向くと首を痛めてしまう恐れがあるのでゆっくり行ってください。

クーラーの効いた部屋にずっといると首元が冷えやすく、

肩コリの原因になるので首元の筋肉を動かして硬くならないようにして予防しましょう。

【肩コリ予防】タオルを使って棘上筋のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がつけばもう7月になり今年も後、半分ですね!

まだまだ梅雨も続きジメジメする日々に嫌気が刺してきますね。

曇りや雨が降ると頭痛や肩こりが出てくる方も多いと思います。

気圧のせいで自律神経のバランスが崩れてしまい出てきます。

ストレッチをするとリラックスし副交感神経が優位になり、和らげることができます。

そういった時に使えるストレッチを今回紹介します。

タオルを持ち左手は頭の後ろ、右手は腰に起きます。

背すじを伸ばしながら、左手を上にあげます。

右肩に伸びを感じたら10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

タオルの長さを調節し痛みが出ないところでやってください。

背中で手が繋げる方はタオルを使わなくても大丈夫です。

このストレッチでは、主に棘上筋がストレッチ出来ます。

棘上筋は、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つで回旋筋腱板と言われ。

可動域の大きい肩の靭帯の代わりに関節を安定させている筋肉です。

その回旋筋腱板の中で棘上筋が1番損傷しやすい筋肉です。

なので日頃からストレッチなどして予防しましょう。

【肩コリ予防】身体のひねって大胸筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

6月に入り晴れる日が多くなってきましたね。

晴れると30度まで上がる暑い日も増え熱中症の危険んも出てきました。

こまめな水分補給や暑さに慣れるために少し外で体を動かすのも大切です!

運動もいきなり動かすとケガの原因になるので、

準備体操やストレッチをしてから始めましょう!

ストレッチ紹介

上向きで寝ます。

左膝を右足の上を交差させます。

左膝を右手で押さえ左手を左側の伸ばし床の方に向けます。

この時左腰を浮かし左肩を浮かさない様にするとより伸ばされます!

腰を浮かさない様にすると臀筋が伸ばされ腰痛予防にもなります。

逆側も同様に行います。

このストレッチでは、大胸筋がストレッチできます。

大胸筋は、硬くなると肩が前に行き猫背の原因になり、

肩コリや、運動時の可動域が狭くなり、

パフォーマンスの低下やケガの原因にも繋がります。

そうならない様にストレッチをして予防しましょう。

【肩コリ予防】腰に手を回してローテーターカフのストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸の佐々木です。

梅雨に入り雨が連日の降り続きジメジメする日が続いてますね。

湿度や天気のせいで洗濯物が乾きにくくなったり、

カビなども生えてきて嫌な時期ですね。

雨のせいでずっと家の中にいると窮屈になり気持ちもスッキリしないですよね。

なので家の中でできる体操やストレッチして気分転換しましょう!

ストレッチ紹介

右手の甲を腰骨の上あたりに当て右肘を前に出します。

左手で右肘を左側に引っ張ります。

痛みが出ないところで10秒キープします。

もう少し伸ばせるなら腰に右手の甲を当ててください!

このストレッチでは肩甲骨が外側に移動するの意識してみてください!

肩甲骨の動きが悪くなると肩の可動域が少なくなり、

周りの筋肉の血流が悪くなってしまい肩コリの原因になります。

そうなる前に予防のストレッチをしましょう!

【肩の痛み予防】壁に手をつき上腕二頭筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

4月もあと少しですね。

気温も上がり夏日になるとこもちらほらと出てきました。

気温が一気に上がったので急いで衣替えをした人も多いのではないでしょうか。

衣替えで服を出し入れする時、服を干したりして肩や腕がコリやすくなります。

そんな時にオススメのストレッチを紹介します。

壁に背を向け指先を下にして壁に手のひらをつけます。

この時腕は、肩より少し下にしておきます。

膝ゆっくり曲げて行きます、その時に背中が丸くならないようにしましょう。

右上腕部に伸びを感じたら10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは、上腕二頭筋がストレッチできます。

上腕二頭筋は、荷物を持ち上げた時に使われる筋肉です。

衣替えで荷物を持ち上げたりして硬くなりコリや痛みが出てくることもあるのでストレッチをして予防しましょう。

【肩こり予防】肩を押さえて胸鎖乳突筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気温が上がり暖かくなり春らしくなってきましたね。

箕面はすこし散歩に出ればあちこちに桜が咲いているので、

近くの桜をみ見て回るだけでもいい運動になりそうですね。

桜を見ようと上を見たときに動かしにくさや、痛みなどが出た人もいるのではないでしょうか。

今回紹介するストレッチは、そんな方にオススメのストレッチです。

肩コリや痛みの予防にもなるので参考にして見てください。

ストレッチ紹介

①右手を左肩に押さえるように置きます。

②顔を右斜め上に向けます。

③首元に伸びを感じるところで10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

胸鎖乳突筋は、側頭骨から鎖骨に着く大きな筋肉で、

この筋肉が硬くなると首が動かしにくくなり肩コリになりやすくなります。

肩コリになる前にストレッチをして予防しましょう。

【肩こり予防】腕を引っ張り僧帽筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

あっという間に3月ですね。

今年はいつもより暖かいようで桜も咲くのが早いようです。

コロナの影響で桜を見ながらの宴会などはまだできないですが。

桜を見に散歩に出かけてみるのもいいかもしれないですね。

暖かくなってはいますがまだ朝はまだ肌寒く感じる事もあり

首元なだ冷えやすく、冷えてしまうと肩こりの原因になります。

そうなる前にストレッチをして予防しましょう。

ストレッチ紹介

①左手を腰あたりに置きます。

②右手で左手を掴みます。

③右側に左手を引っ張り10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

まだ肌寒い日も続くので身体を冷やさないようにして肩こりにならないようにしましょう!

【肩コリ予防】肩を回して肩コリ予防のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

2月も中旬になり暖かい日が続きますね。

ですが来週は、また寒波が来るようです。

まだまだ寒暖差が激しい日が続きそうですね。

寒い日になると首元が冷え肩がコリやすくなります。

そうならないように、日頃からストレッチをして予防しましょう!

ストレッチ方法

①両手を肩に手を置きます。

②時計回りに10回大きく腕を回します。

③反時計回りに10回腕を大きく回します。

回す時に肩甲骨の動きを意識して動かしましょう。

肩甲骨が硬くなると腕を上げにくくなり、

肩こりや肩の痛みの原因になります。

そうなる前に予防のストレッチをしましょう。

【肩コリ予防】肘をつかんで広背筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

明日は、大学入学共通テストが行われます。

これから本格的に受験のシーズンを迎えますね!

最期の追い込みでずっと机に向かっていると肩こりや腰痛の原因になります。

そうならなように適度な時間を決め休憩することも大切です。

勉強の合間にストレッチをして気分転換や一息つきませんか?

ストレッチ紹介

①頭の後ろで右手で左肘をつかみます。

②ゆっくり上半身を右側に倒します。

③しっかり伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチは、イスに座りながらでも出来るのでふとした時に是非試してみてください。

【肩コリ予防】イスに座って僧帽筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がついたら冬至も過ぎクリスマスイブですね。

今年は、コロナの影響で自宅で過ごす方が多いようです、

たまには、家族でゆっくり過ごすクリスマスもいいですね!

さて今回紹介するストレッチは、肩コリ予防のストレッチです。

ストレッチ方法

①背すじを伸ばし両手を後頭部に回し抱え込むようにします。

②ゆっくりとあごを胸につけるように前に倒します。

③首の後ろがしっかりと伸びるところで15秒キープします。

※勢いが強いと首を痛める事もあるので気をつけてましょう。

このストレッチでは主に僧帽筋がストレッチ出来ます。

僧帽筋は、肩から首や背中にかけて走行する大きな筋肉です。

この筋肉は、首筋にあるので首元が冷えると硬くなりやすいです。

そのまま放置していると肩コリになりやすくなります。

そうしないためには、マフラーなどで首元を暖めたり首

のストレッチをして血流を良くしましょう!

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約