今週のストレッチ

今週のストレッチ アーカイブ

【肩コリ予防】体をひねって小胸筋のストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

最近、週末に雨が降る事が多いような感じがしますね。

雨が降ると気温が下がり体が冷えてきます。

特に肌が出ている指先や首元が冷えやすくなります。

首元が冷えると首元の筋肉の血流が悪くなり、肩コリの原因になります。

そうならなようにように予防ストレッチをしましょう!

ストレッチ方法

①左手で棒や壁を握ります。

②胸を張りながら体を右方向に捻ります。

③しっかり伸びているところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に小胸筋がストレッチできます。

小胸筋は、胸から肩につく筋肉です。

この筋肉が硬くなると巻き肩の原因になります。

巻き肩になると息を大きく吸う事がしにくくなり体の酸素が少なくなり、疲れが取れにくくなります。

スポーツなど体を動かす時にも腕をあげにくくなったりもするので、

そうなる前に予防のストレッチをしましょう。

【腰痛予防】背中を伸ばして腰痛予防のストレッチ腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

10月も半分が終わりあっという間に過ぎて行きますね。

最近は、朝と昼との気温差が高くなり体調など崩しやすいなっています。

外に出かける際は、気温に注意して服装を選びましょう。

布団も厚手のものを出すなど衣替えの時期。

布団など重たいもを持ち上げたり押入れにしまったりして腰が痛くなった

という方もいると思います。

そうならないように予防のストレッチをしましょう。

①四つんばいになり両手を前に伸ばします。

②お尻を後ろに伸ばします。

③しっかりと伸びるところで15秒キープします。

このストレッチでは主に広背筋がストレッチできます。

広背筋は背中の真ん中辺りから腰にかけてある筋肉で

この筋肉が硬くなりと前に倒した時に痛みが出やすくなります。

特にスポーツなどで無理な姿勢が続くと硬くなりやすいです。

そうならなように日頃から予防のストレッチをしましょう!

【膝痛予防】椅子を使って太ももの前のストレッチ膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気温も下がり一枚羽織らないとお昼でも寒くなってきましたね。

木によっては少し紅葉し始めている木もあります。

ハイキングや近くを散歩するにはちょうど良い季節になってきました。

久しぶりにハイキングなど長時間歩くと膝に痛みが出てきやすくなります。

そうなる前にストレッチをして予防しましょう。

ストレッチ紹介

①クッションなどの柔らかいものイスの上に置き、左膝をクッションの上に乗せます。

②左手で左足首を持ち背すじを伸ばしたまま右膝を曲げ体前に倒します。

③左足をお尻の方へ引き寄せしっかり伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に大腿四頭筋という太ももの前の筋肉がストレッチできます。

大腿四頭筋は、歩いている時に足を前に出す時やサッカーなどでボールを強く蹴る際に使われる筋肉です。

この筋肉が硬くなると歩く際に足を前に出しにくくなりスムーズに足が出にくくなったり。

膝の下まで筋肉が付いているので子供などではオスグットになる可能性が高くなります。

そうならなように日頃からストレッチをして予防しましょう。

【肩コリ予防】タオルを使って肩甲骨を動かすストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がつけばもう10月ですね。

昼間はまだ少し暑いですが、朝と夜は肌寒く感じるようになってきました。

出かける時の服装も少しずつ厚くなってきましたね。

帰り道など首元を冷やして肩がコリやすくなっていませんか?

そんな方にオススメのストレッチです。

ストレッチ紹介

①タオルの端を持ち腕を上に伸ばします。

②背すじを伸ばしながら頭の後ろをゆっくりとタオルを降ろします。

③肩甲骨を中心に寄せるように気持ち良い所で10秒キープします。

肩甲骨を動かさないと、肩甲骨の周りの筋肉が硬くなるり動かしにくくなるだけでなく。

血流の流れが悪くなり、肩がコリやすくなります。

運動をする際も肩の可動域が狭くなりケガをしやすくなるので

空いた時間や運動前にストレッチをして予防しましょう。

【腰痛予防】寝ながら出来る臀筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

最近は、日が暮れる時間が早くなりすぐに暗くなってしまいますね。

夜には、虫の鳴き声が大きくなり秋の夜って感じがしてきましたね。

気温が落ちついてきたからかランニングをしている方やサイクリングを

している方を多く見るようになってきました。

久しぶりに運動する方は特にからが硬くなっているのでストレッチをして

体の柔軟性を高めてか運動をしましょう!

ストレッチ紹介

①上向きで寝、左膝を曲げ左足を右側に倒します。

②左膝の上に左手を置き左膝を抑えます。

③しっかり伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に臀筋がストレッチできます。

臀筋は股関節や腰の動きに関係しています。

この筋肉が硬くなり柔軟性が悪くなると肉離れなどのケガに繋がる事があります。

そうならないように、久しぶりに体を動かす前や、

日頃の習慣としてストレッチをすると予防になるので是非試してみてください。

【膝痛予防】イスに座りながらもも裏のストレッチ膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

最近は昼間も気温が少しずつ下がり涼しくなってきましたね。

スーパーにも秋の食材などが並び始め

秋らしさが食材からも感じられるようになってきましたね。

秋は読書の秋ともいわれ夜が長くなり明かりの下で読書をするのに適しているという意味だそうです。

ですがずっと読書していると同じ姿勢が続くと体が硬くなっていきます。

そうならないようにイスに座りながらでも出来るストレッチをこまめにしましょう!

ストレッチ紹介

①イスに浅く座り背すじと左足を伸ばします。

②左足のかかとをつけ指先を上にします。

③体を前に倒していきしっかりと伸びる所で15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチで主に伸ばす筋肉は、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3つの筋肉で。

この3つの筋肉を総称してハムストリングと言います。

ハムストリングは、太ももの後面にある筋肉で。

走ったりするときの蹴り出しで使われます。

この筋肉が硬くなると立ち上がりや、歩き始めの痛みの原因になるので、

読書の合間や仕事の休憩時間に是非試してみてください。

【肩コリ予防】タオルを使って棘上筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

まだまだお昼は残暑が続きますが、夜は少しずつ涼しくなりクーラーをつけずに寝れるようになってきました。

夜には、秋の虫が泣き始め少しずつ季節の訪れを感じられるようになってきました。

秋は、運動をしやすい気候なので夏に家にいる事が多かった方は、

外で体を動かすには丁度いいかもしれません。

ですがいきなり体動かすと怪我の原因になるのでストレッチや、準備運動をしてから始めましょう!

今回は、そういった久しぶりに体を動かす人にオススメのストレッチです。

ストレッチ紹介

①背中に両手を回しタオルをつかみます。

②左手でタオルを上に引っ張り右肩を外に広げるようにします。

③伸びていると感じるところで15秒キープします。

※逆側も同様にやります。

背中で手が繋げる方はタオルを使わなくても大丈夫です。

このストレッチでは、主に棘上筋がストレッチ出来ます。

棘上筋は、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つで回旋筋腱板と言われ。

可動域の大きい肩の靭帯の代わりに関節を安定させている筋肉です。

その回旋筋腱板の中で棘上筋が1番損傷しやすい筋肉です。

なので日頃からストレッチなどして予防しましょう。

当院は祝日も営業しています。

お気軽にお問い合わせください。

【腰痛予防】横に寝たまま、腰痛予防のストレッチ肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

あっという間に9月になりましたね。

9月になったので気温も少し落ち着くかなっと思いましたがなかなか涼しくなりそうにないですね。

暑さが厳しく、熱中症になるかもしれないのでこまめな水分補給や

部屋の中ではクーラーをかけ気温を下げて予防しましょう。

まだまだ残暑も続きそうなので今回紹介するストレッチは、部屋でテレビなど見ながら出来るストレッチです。

ストレッチ紹介

①横向きで寝て右腕で腕枕をします。

②左膝を曲げ左手で左足首を掴みます。

③ゆっくりと左足を左腕の方向に引っ張り伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に大腿四頭筋がストレッチできます。

大腿四頭筋は、太ももの前面にある大きな筋肉で、

骨盤や大腿骨から膝下につく大きな筋肉です。

この筋肉が硬くなると反り腰の原因になります。

そうならないように予防のストレッチをしましょう。

大腿四頭筋は大きな筋肉なので鍛えたりすると代謝が上がりダイエット効果もあるので、

ストレッチだけでなくスクワットも一緒にするのがオススメです。

スクワットの正しいやり方などはスタッフがまた教えます!

お気軽に声をかけてください!

【膝の痛み予防】足をねじって大腿筋膜張筋のストレッチ!膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

8月も、もう終盤になってきました。

9月になるともうすぐ秋だなと感じますね。

秋になると過ごしやすくなるので今まで家に居たぶん外で体を動かしたくなりますね。

久しぶりにランニングなどの運動をすると筋肉や関節が痛みやすくなります。

そうなる前に予防のストレッチをしましょう。

ストレッチ紹介

①上向きで寝て両膝を立てます。

②左足を右膝の上に乗せ左側に下半身を倒します。

③顔を右側に向け、気持ちよく伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは、主に太ももの外側にある大腿筋膜張筋を伸ばします。

大腿筋膜張筋が硬くなると、ランナー膝の原因になりなりやすく、

長距離を走るかたや久しぶりに体を動かす人痛めやすいので、

是非参考にして痛みが出ないように予防しましょう。

【腰痛予防】体を倒して腹斜筋のストレッチ腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

お盆が開けましたが、まだ暑い日が続きますね。

最近では、酷暑と言われるほど暑く。

その暑さのせいでなかなか外に出て行く機会も減ってきた思います。

外に出る機会が減り体を動かす事が減ってきていると思うので、

家の中でも出来るストレッチなどを試してみてください!

今回紹介するストレッチは、腹斜筋というお腹の横に付いている筋肉のストレッチです。

ストレッチ紹介

①足を肩幅に開き頭の後ろで手を組みます。

②背すじを伸ばしたまま体を右に倒します。

③しっかり伸びる所で10秒キープします。

※逆側も同様に伸ばします。

腹斜筋には、内と外の2つの筋肉があります。

内腹斜筋は、上着のポケットに入れた手と同じ様に走行します。

外腹斜筋は、内腹斜筋と逆の走行をします。

この腹斜筋により体を捻ったり横に倒したりできます。

この筋肉をうまく使えると排便や臓器が下がるのを予防でき、体のラインを綺麗に見せる事ができます。

ストレッチをして予防をしましょう。

当院は、祝日も営業しています。

お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約