今週のストレッチ

今週のストレッチ アーカイブ

【肩コリ予防】肘をつかんで広背筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

明日は、大学入学共通テストが行われます。

これから本格的に受験のシーズンを迎えますね!

最期の追い込みでずっと机に向かっていると肩こりや腰痛の原因になります。

そうならなように適度な時間を決め休憩することも大切です。

勉強の合間にストレッチをして気分転換や一息つきませんか?

ストレッチ紹介

①頭の後ろで右手で左肘をつかみます。

②ゆっくり上半身を右側に倒します。

③しっかり伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチは、イスに座りながらでも出来るのでふとした時に是非試してみてください。

【腰痛予防】イスに座わりながら背中を丸めて、腰痛予防のストレッチ!腰痛対策ストレッチ

新年明けましておめでとうございます。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

今年もよろしくおねがいします。

寒波の到来でグッと気温が下がり雪も降るかもしれないです。

そしてもうそろそろ、受験シーズンが始まります。

受験生は、追い込みだけでなくコロナの感染予防なども

気にしなければいけない大変な受験の時期だと思います。

ずっと同じ姿勢で勉強をしていると腰痛や肩コリやすくなります。

息抜きのついでにストレッチをして腰痛や肩コリにならないように予防をしましょう。

①イスに座り両手で膝を抱えます。

②背中を丸くしていきながら上半身を前に倒します。

③気持ち良く伸びるところで20秒キープします。

※腰にヘルニアがある人は前に倒すと痛みが強くなるにで

痛みが出てきたら無理をせず中止しましょう。

イスに座っている姿勢が腰に1番負担がかかり、

その姿勢を長時間続けていると腰痛につながります。

そうならないようにこまめに休憩をはさみストレッチなどをして予防しましょう!

【肩コリ予防】イスに座って僧帽筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がついたら冬至も過ぎクリスマスイブですね。

今年は、コロナの影響で自宅で過ごす方が多いようです、

たまには、家族でゆっくり過ごすクリスマスもいいですね!

さて今回紹介するストレッチは、肩コリ予防のストレッチです。

ストレッチ方法

①背すじを伸ばし両手を後頭部に回し抱え込むようにします。

②ゆっくりとあごを胸につけるように前に倒します。

③首の後ろがしっかりと伸びるところで15秒キープします。

※勢いが強いと首を痛める事もあるので気をつけてましょう。

このストレッチでは主に僧帽筋がストレッチ出来ます。

僧帽筋は、肩から首や背中にかけて走行する大きな筋肉です。

この筋肉は、首筋にあるので首元が冷えると硬くなりやすいです。

そのまま放置していると肩コリになりやすくなります。

そうしないためには、マフラーなどで首元を暖めたり首

のストレッチをして血流を良くしましょう!

【腰痛予防】腰を捻って腸腰筋のストレッチ!腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

雪もちらつきはじめだいぶ寒くなってきましたね。

この時期は、雪や年末の忙しさで急いでしまったりして、事故が起きやすくなっています。

こういう時期だからこそゆっくりと余裕を持って行動しましょう!

さて今回紹介するストレッチは、腰痛予防のストレッチです。

大掃除などで重い物を持ち上げる機会が増えると思うので、

このストレッチで予防しましょう!

ストレッチ方法

①うつ伏せになり立て肘をつき上半身を起こします。

②左足を上げ右側に捻ります。

③お腹の奥が伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは腸腰筋が伸びます。

腸腰筋が硬くなると反り腰になり、腰が常に反った状態になります。

反り腰の状態が続くと背中や腰の筋肉が硬くなり腰痛に繋がります。

腰痛の原因の反り腰になる前に腸腰筋のストレッチをして予防しましょう!

【膝の痛み予防】壁を使ってハムストリングのストレッチ!膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

12月も中旬になりイルミネーションを飾っているところがちらほら出てきましたね。

イルミネーションが飾られるとクリスマスがもうすぐだと感じますね!

さて今回紹介するストレッチは、膝の痛み予防のストレッチです。

ストレッチ方法

①壁に前腕を置きます

②左足を前に出し、右足を後ろに出します。

③背すじを伸ばしたまま体を前に倒し、しっかり伸びるところで10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは、主にモモ裏のハムストリングという筋肉が伸びます。

ハムストリングは、足後ろから前に蹴り上げる時に使われる筋肉です。

この筋肉が硬くなるとスムーズに歩く事が困難になり、

膝へ負担が大きくなり痛みが出てきますそうなる前に予防のストレッチをしましょう!

【肩コリ予防】タオルを使って広背筋のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

あっという間に12月ですね。

12月になり気温がグッと下がり、朝息を吐くと白くなります。

服装も、厚手な物になってきましたね。

服装が重くなってくると、肩に負担が常にかかります。

そうすると筋肉が硬くなり肩コリの原因になります。

筋肉を硬くしないためには、ストレッチや運動をしてほぐすのが大切です。

しっかりとストレッチをして肩コリの予防をしましょう!

ストレッチ方法

①タオルの端を持ちます。

②背すじを伸ばして腕を上げます。

③体を左右に倒し気持ちよく伸びるところで15秒キープします。

このストレッチでは広背筋がストレッチ出来ます。

広背筋は字の通り背中の大きな筋肉です。

この筋肉が硬くなると代謝なども落ちて、疲れが取れにくくなります。

ですがこは、なかなか伸ばしにくい筋肉なので

しっかり意識してストレッチをしましょう!

【腰痛予防】寝ながら大臀筋のストレッチ!腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気温がまた下がり先週との気温差がすごいですね。

体調など崩していませんか?

来週は、また一層寒さがますようなので体調を崩さないように気をつけましょう!

さて、今回紹介するストレッチは、臀部のストレッチです。

ストレッチ方法

①上向きで寝て右足を左膝の上に乗せます。

②左膝を両手で持ちき胸に引き寄せます。

③気持ちよく伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

臀筋は座りっぱなしの時間が長いと硬くなりやすく、腰痛の原因になります。

硬くなると足を組み無意識にストレッチをしようとします。

これが続くと骨盤が歪み痛みや動かしにくさが出てきます。

そうなる前に予防のストレッチをしましょう!

【膝の痛み予防】片膝立ちをして縫工筋のストレッチ!膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気温が上がり少し動くだけで汗が出てきますね。

運動をするにはちょうど良い気温かもしれません!

箕面では、紅葉の見頃になるので紅葉を見ながらのランニングや、

部活では、体力作りのためのランニングや筋トレが始まると思います。

その際、気をつけなければいけないが鵞足炎(がそくえん)です。

鵞足炎は、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの膝の曲げ伸ばしにより

膝の内側と腱が擦れ合う事により膝の内側に痛みが起こります。

そうならなように予防のストレッチをしましょう。

ストレッチ方法

①右膝を床に置き左足を前に出します。

②右手で右足を外に出します。

③太ももの前が伸びたら15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に縫工筋がストレッチできます。

縫工筋は鵞足を構成する筋肉の1つで、あと薄筋、半腱様筋の3つからなります。

こういったストレッチをしっかりしていないとケガに繋がりやすく、

プレーにも影響が出てしまい自身のパフォーマンスが発揮出来なくなるかもしれません。

そうならなように日頃からしっかり予防のストレッチをしましょう!

【肩コリ予防】首を横に倒して肩コリ予防のストレッチ!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

朝がだいぶ寒くなり、出勤するときに吐く息が白くなってきました。

服装もだいぶ厚着になり服が重くなてきました。

服が重くなると肩がコリやすくなります。

肩コリになる前に予防のストレッチをしましょう!

ストレッチ方法

①左手を右側頭部に置きます。

②左手で頭を左側に倒していきます。

③しっかりと伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に僧帽筋がストレッチ出来ます。

僧帽筋は首から肩に着く筋肉で、

肩がこる、と触るところです。

僧帽筋が硬くなると肩甲骨が動きが悪くなり腕が上がりにくくなったりします。

そうなる前にストレッチをして予防しましょう!

【腰痛予防】体を横に倒して腰方形筋のストレッチ!腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

11月になりました!

気温もグッと下がり出かける際の服装も少しずつ厚着に変わってきましたね。

もう少ししたら冬用の服に衣替えをしないといけないですね。

タンスの整理や物によってはクリーニングなどに持っていたりすると、

腰に負担がかかり腰を痛める原因になります。

そうならなように予防のストレッチをしましょう!

ストレッチ方法

①両足を広げて座ります。

②右手左膝に置き、左手で右側頭部を持ちますき。

③上半身を右に倒し気持ちよく伸びるところで15秒キープします。

※逆も同様に行います。

このストレッチでは主に腰方形筋がストレッチできます。

腰方形筋は、体を横に倒したり、ゴルフや野球のスイングをする時に使う筋肉です。

腰方形筋が硬くなると腰を捻った際に痛みが出てきやすくなります。

そうなると日常動作に支障が出るだけでなく、

スポーツのパフォーマンスが低下するのでそうなる前に予防のストレッチをしましょう!

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約