今週のストレッチ

今週のストレッチ アーカイブ

【膝の痛み予防】台を使ってハムストリングのストレッチ!膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

10月も、もう半分がすぎましたね。

暑い日が続きますが来週からは、気温が下がり秋らしくなっていくようです。

紅葉はもう少し先ですが散歩など出かけたくなってきますね。

ですが、久し振りに長い距離を歩くと膝など痛みが出てきます。

そうならないように運動前にストレッチして予防しましょう!

ストレッチ紹介

右足を台やイスの上に置き膝を伸ばします。

背すじを伸ばしながら上半身を前に伸ばして行きます。

※逆側も同様に行います。

ストレッチの強度は台の高さで変えれます。

このストレッチでは、主にモモ裏のハムストリングという筋肉が伸びます。

ハムストリングは、足後ろから前に蹴り上げる時に使われる筋肉です。

この筋肉が硬くなると歩行時スムーズに足を動かしにくくなり、

そのままにしておくと痛みの原因になります。そうならないように

予防のストレッチをしましょう!

【腰痛予防】イスに座りながら腰方形筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

10月も中旬になってきましたが、気温はまだまだ30度近くまで上がっています。

来週からは少し気温も落ち着くようですが、暑さも厳しく外には出たくないですね。

ですが家の中にずっといると筋肉が落ちたり硬くなったりしてケガや腰痛の原因にもなります。

そうならないように、ストレッチや体操をして筋肉が硬くならないようにしましょう。

ストレッチ紹介

イスに座り右手を頭に置き足を肩幅より少し大きめに開きます。

左手を足の間に向かって伸ばします。

この時、胸を開くように右手を伸ばすとより強いストレッチができます!

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは、主に腰方形筋がストレッチ出来ます。

腰方形筋は、ゴルフや野球のスイングの時や、

横に体を倒す、物持ち上げる時など幅広く使われる筋肉です。

運動だけでなく日常生活の動作でも使われるのでしっかりストレッチしましょう。

このストレッチは、イスに座りながらできるのでひと息つく際などに試してみてください!

【肩コリ予防】肩をねじって肩甲骨を動かすストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がつけばもう10月になりましたね。

今年もあと3ヶ月で終わると思うとあっという間ですね。

季節的には、もう秋ですがまだ昼間は暑さも残っています、

秋らしい気候で運動しやすいのは、もう少し先ですが、

いきなり運動を始めるとケガに繋がるので、秋本番に向けて、

今からストレッチをして体を作って行きましょう。

ストレッチ紹介

イスに座り左腕を斜め後ろに伸ばします。

背すじを伸ばしながら肩から腕全体を内と外5回ねじって行きます。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは肩甲骨を動かします。

肩甲骨は腕の動きに大きく影響する骨で、大小様々な筋肉が付着します。

それらの筋肉の動きが悪くなると 肩甲骨の動きが悪くなり、

運動時などに可動域が制限され無理やり動かそうとするとケガの原因に繋がります。

そうなる前にストレッチをして体を動かし予防しましょう!

【膝の痛み予防】四つん這いからお尻をあげてハムストリングのストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

9月ももう終わりに差し掛かり朝と夜はだいぶ涼しくなっていますが、

昼間はまだまだ、残暑が続き1日の中で気温差が大きい日が続いています。

季節の変わり目と気温差により体調が崩しやすくなっています。

運動やストレッチなど身体を動かすことにより、自律神経が整い

体調不良の予防や運動時のケガ予防にもなるので運動の前後にしっかりやりましょう!

ストレッチ紹介

四つん這いになります。

お尻を持ち上げかかとを床につけながら膝を伸ばしていき、

もも裏とふくらはぎに伸びを感じ入るところで10秒キープします。

もう少し伸ばしてい方は、頭を下げるようにするとより伸ばす事が出来ます!

※腰などに痛みが生じる場合は中止してください。

このストレッチでは主にもも裏のハムストリングとふくらはぎがストレッチ出来ます。

この筋肉はダッシュやジャンプなどスポーツの基本となる動きに関与しているので、

ケガもしやすくなっています!

なのでケガの予防の為にも運動の前後にストレッチをしましょう!

【腰痛予防】身体をひねって脊柱起立筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

9月も中旬になり、もう少ししたらお彼岸になりますね。

季節もより一層秋に近ずいて行きます。

運動を始めるにはいい季節ですね。

ですが、久しぶり運動をする身体を上手く動かせず、ケガをしてしまう事があります。

そうならないように運動前と後にストレッチをしましょう!

ストレッチ紹介

両足伸ばして座ります。

左足を曲げ右足の外側に置きます。

背すじを伸ばしながら上半身を左にひねります。

右手で左手膝を動かないようにします。

しっかりと伸びるところで15秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは背中の脊柱起立筋から殿部にかけてストレッチができます。

脊柱起立筋は、首から腰にかけてまっすぐ伸びる筋肉で、

名前にあるように起立させたり姿勢維持に重要な筋肉になっています。

スマホやパソコン作業などで姿勢が崩れてしまい

脊柱起立筋の負担が大きくなり、腰痛の原因になります。

そうなる前にストレッチをして予防をしましょう!

【肩コリ予防】机を使って上腕三頭筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

9月になり暑い日や、肌寒い日など日によって寒暖差があり体調を崩しやすくなっています。

首元も冷えやすく肩がコリやすくなるので体を冷やしすぎないように気をつけましょう!

今回紹介するストレッチは、肩コリ予防のストレッチです。

ストレッチをして血流を良くして体を冷やさないようにしましょう!

ストレッチ紹介

机のの上に両ひじを置きます。

上半身を下に落としていきます。

伸びが足りない場合は、肘を曲げていきます。

伸びを感じるところで10秒キープします。

このストレッチでは、上腕三頭筋が主にストレッチ出来ます。

上腕三頭筋は肩甲骨から起始します。

この筋肉が硬くなると肩甲骨の動きが悪くなるので硬くならないようにストレッチをしましょう!

【膝の痛み】足裏を合わせて内転筋のストレッチ!膝痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です

9月になり雨が降り続け気温が下がり、秋らしくなってきました。

外に出かけるにはちょうどいい時期になって行きます。

久しぶりに長い距離を歩いたりすると筋肉が硬いままで痛みが出てくることがあります。

そうならないように動く前にストレッチをして、怪我の予防をしましょう!

ストレッチ紹介

両足の裏を合わせ両手で足先をつかみます。

背すじを伸ばしながら体を前に倒します。

内ももが伸びるところで10秒キープします。

あまり伸びない時は膝を床につけるようにしてください。

このストレッチでは、主に内転筋がストレッチされます。

内転筋が硬くなると膝が内側を向きX脚の原因になります。

X脚になると膝の外側の関節の距離が狭くなり膝の軟骨が擦れ合い軟骨が削れやすくなります。

そうなると軟骨に守られていた骨が露出し骨同士が擦れ合い痛みが出てきます。

そのまま放置すると変形性膝関節症などの原因になってしまいます。

そうなる前にストレッチをして予防しましょう!

【腰痛予防】上半身を倒して、腰方形筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

8月も、もうすこしで終わり学校が始まり学生達はまた忙しくなって行きますね。

暑い日が続き熱中症に気をつけないといけない日が続きます。

今年の残暑はいつまで続くんでしょうか。

暑さが厳しいとなかなか外に出るのが嫌になりますね。

家の中でずっといると筋肉が硬くなりちょっとした動きで怪我をしやすくなります。

そうならないように、ストレッチをしましょう。

ストレッチ紹介

立位のまま腕を組みます。

左足の体重をかけながら、上半身を右側に倒します。

この時上半身が前や後ろに倒れないように気をつけましょう!

左腰の伸びを感じたら10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは主に腰方形筋がストレッチできます。

腰方形筋は長時間座っていると硬くなりやすく、

筋肉が硬いまま荷物を持ち上げようとしたり、

スポーツなどで腰を動かすと痛みが出やすくなります。

そうなれ前にストレッチをして予防しましょう!

【肩の痛み予防】横に寝たまま 、棘下筋のストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

ここ数日、豪雨がふり続きなかなか外出が出来ない日々が続いていますね。

雨せいでジメジメっとして体がだるく感じる日もあると思います。

家の中でじっとしていると、筋肉が硬くなり肩コリの原因にもなります。

そうならないように、隙間時間にストレッチをして筋肉を動かしましょう!

ストレッチ紹介

左肩を下にして寝ます、左腕を体の前に出します。

左腕は90度の位置に伸ばしてください!

左肘を立て左手首を右手でつかみ床の方向に押します。

この時、左肘が浮かないようにしてください。

痛みが出ないところで10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

このストレッチでは、主に棘下筋が伸ばされます。

棘下筋は、インナーマッスルで触ることは難しい筋肉で、

回旋筋腱板という肩の靭帯の代わりになっている4つの筋肉の1つです。

肩の関節は可動域が広いた靭帯が他の関節に比べ少なくなっています。

その為、回旋筋腱板という筋肉が靭帯の代わりなって肩の関節を安定させています。

なのでこの筋肉が硬くなってしまうと肩を動かした際に痛みや動かしにくさが出てきます。

そうなれ前にストレッチをして予防しましょう!

【膝の痛み予防】タオルを使ってふくらはぎのストレッチ!今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がつけだオリンピックも、もう終わりですね。

今年は金メダルを多く獲得し、見ているだけで興奮しますね!

メダリストの中には20歳以下の若い世代の選手も多くこれからも期待させますね。

今回紹介するストレッチはふくらはぎのストレッチです。

オリンピックでずっとテレビを見ていた人もいるのではないでしょうか。

そんな時にオススメのストレッチです。

右足を伸ばし足の裏にタオルを回してます。

タオルを自分の方に引っ張ります。

ふくらはぎに伸びを感じるところで10秒キープします。

※逆側も同様に行います。

ふくらはぎは足に溜まった血液を心臓に戻します。

なので硬くなると血流が悪くなり、むくみの原因になります。

そうなる前に予防のストレッチをしましょう!

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約