今週のストレッチ

今週のストレッチ アーカイブ

【腰痛予防】四股のポーズで腰痛予防のストレッチ腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がつけば、1月も半分が過ぎ、センター試験など受験シーズン本番になってきました。

この時期は特に勉強や試験などで座ることが多くなって来ると思います。

座っている姿勢は、腰への負担が1番かかる姿勢で。

受験勉強など長時間座る事が多くなると腰痛になりやすくなるので

そういった方にオススメのストレッチを紹介します。

ストレッチ方法

①両足を肩幅より広く開きます。

②背中を伸ばし胸を張ります。

③腰をさげ気持ち良く伸びるところで15秒キープします。

※過去に膝を痛めた事のある方は、痛みが出ることもあります。

ストレッチをする際は、ゆっくり下げ、痛みが出るようなら中止してください。

四股の姿勢は、内転筋や臀筋など股関節周りの筋肉を伸ばす事ができ。

色々なスポーツのアップなどにも取り入れられています。

勉強の息抜きやスポーツを始める前に出来るので是非試してください。

受験生はここを乗り越えれば終わりなので、あとひと踏ん張り頑張ってください!

当院は祝日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

【膝痛予防】壁を利用した内転筋のストレッチ膝痛対策ストレッチ

明けましておめでとうございます。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

今年もよろしくお願いします!

今回紹介するストレッチは、膝の痛み予防のストレッチです。

年末年始の旅行でなどで、いつもより歩いたと思います。

そんな方にオススメのストレッチです。

ストレッチ紹介

①臀部を壁から10センチぐらい離し、足を伸ばして壁につけます。

②踵を壁につけたまま、ゆっくり足を開きます。

③伸びているところで30秒キープします。

仰向けの状態で、壁に踵をつけ重力で伸ばすので、無理に伸ばすのではないので、リラックスした状態で長時間ストレッチができます。

このストレッチを繰り返しすると開く角度も広くなりますが、いきなり大きく開くと筋肉を痛めてしまうので、徐々に角度も広げていきましょう。

まだまだ寒い時期が続いますが、散歩など少しでも外に出かけましょう。

今年も色々なストレッチを紹介していきます、よろしくお願いします!

当院は、祝日も祭日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

【腰痛予防】今年最後のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

今年もあと少し!

一年はあっという間ですね。

年末だと大掃除や新年の準備で忙しく、腰が痛くなったりします。

そうなる前にこのストレッチで予防しましょう。

①仰向けに寝、両膝を曲げ抱き抱えます。

②上半身は、おへそを見るように曲げます。

③ゆっくりと曲げていき、10秒キープします。

前後にゆっくり揺らすとより効果的です。

早く動かすと痛める可能性があるので気をつけてください。

ストレッチは、日頃からやることでより効果的になります。

腰痛になる前に予防のストレッチをしましょう。

一息ついた時や、お風呂上がりなど隙間時間にやりましょう!

このストレッチが、今年最後になります。

来年も、いろいろなストレッチを紹介していきますのでよろしくお願いします。

当院は、祝日も祭日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

【膝痛予防】大腿四頭筋を伸ばして膝痛予防【オスグット病】今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

12月もう半分を過ぎ今年も終わりですね。

来年にはオリンピックがあるので楽しみですね!

今回紹介するのは、大腿四頭筋のストレッチです。

①右膝をつき、左足を前に出します。

②右手で右足首を持ちます。

③右膝を曲げ上半身を前に倒し20秒キープします。

※逆も同様にします。

学生でこの大腿四頭筋が硬いとオスグットになりやすいです。

オスグットは、大腿四頭筋が硬くなることにより、付着部の膝下の軟骨が引っ張られることにより出っ張り痛みを伴います。

なのでスポーツをしている学生は、特に大腿四頭筋をストレッチしゆるめ、オスグットの予防をしましょう。

当院は、祝日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

【腰痛予防】寝ながら出来るストレッチ今週のストレッチ

こんばんは

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

今回紹介するストレッチ寝ながら出来るストレッチです。

寝る前やゴロゴロしている時にオススメのストレッチです。

ストレッチ紹介

①床に仰向けで寝ます。

②片足を曲げ胸に近づけ両手で抱えます。

③20秒キープし逆側も、同じ様にします。

大臀筋が硬くなと骨盤が後傾し背中が丸くなり、猫背になります。

そうなると腰に負荷がかかり腰痛になります。

大臀筋は、腰痛の原因の1つなのでしっかり日頃からストレッチをし腰痛予防をしていきましょう。

当院は祝日も通常通り営業しております。

お気軽にご連絡ください。

【肩コリ】肩甲骨を動かして肩コリ予防のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

気がつけば11月も、最後の週になりました。

寒くなったり暖かくなたり気温がなかなか落ち着かないですね。

気温の変化で、体調を崩しやすいので気をつけてください。

さて、本日紹介するストレッチは、肩甲骨を動かす肩コリ予防のストレッチです。

肩甲骨は肩コリの原因の筋肉が多く着いているので、肩甲骨を動かすことで肩コリ予防になります。

ストレッチ方法

①肘を90°に曲げ脇と肘を閉じます。

②脇と肘を閉じたまま肩を回します。

③前に10回後ろに10回ずつ回します。

※この時肩甲骨を動かすことを意識するとより効果的です。

肩甲骨は、あまり動かす事を意識しないので硬くなりやすいので、このストレッチで肩コリ予防をしましょう。

座って出来るのでデスクワークの人にもオススメです。

【腰痛予防】ハムストリングスを伸ばして腰痛予防腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

ここ数日でグッと気温が下がりましたね。

今回紹介するストレッチはハムストリングスのストレッチです。

ハムストリングスは、裏モモにある筋肉で大腿二頭筋と半腱様筋と半膜様筋の3つの筋肉の総称で、股関節を後ろにする動作、膝を曲げる動作、骨盤を後ろに倒す動作があり作用する範囲が広いので、ハムストリングスが硬くなると肉離れや、腰痛、膝痛に原因なります。

なのでしっかり伸ばして予防していきましょう。

ストレッチ紹介。

①枕や本の上にかかとを乗せます。

②長座の姿勢をとります。

③膝の上に手を置きしっかり伸びるところで10秒キープします。

※伸びが足りない場合は、枕や本をの高さを上げるとより伸びます。

ハムストリングスは、肉離れになりやすく、一度なるとクセになると言われています。

ストレッチで筋肉を固まらないようにし、腰痛予防だけでなく怪我の予防もしましょう。

【肩コリ予防】小円筋を伸ばして肩コリ予防肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんばんは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

ここ数日、晴天が続いていますね。

ですが木曜日から、寒くなってくるそうなので冬服の準備をしっかりしましょう。

今回紹介するストレッチは、小円筋のストレッチです。

小円筋は、回旋筋腱板のひとつで肩の靭帯の代わりになっている筋肉です。

ストレッチ紹介

①椅子に座り右手を脇腹につけます。

②右肘を左手で持ち前方へ引っ張ります。

③10秒キープを2〜3回やります。

※逆も同様にやります。

小円筋は、腕を外側へ捻る筋肉です。

小円筋のストレッチをすると投球動作など腕を上げる動作がしやすくなります。

肩コリ予防や怪我防止にもなります。

スポーツをしている方にオススメのストレッチです、是非やってみてください。

祝日も通常通り営業しています。

【腰痛予防】体を捻り腰方形筋を伸ばすストレッチ。腰痛対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

天気が続いていますが、気温は少しずつ下がり

今週から最高気温が20℃を下回るので防寒対策や風邪の予防をしましょう。

それでは今回紹介するストレッチは腰方形筋を伸ばすストレッチです。

腰方形筋は、左右についている筋肉で

片方だけ収縮させると腰を横に倒し。

両方の筋肉を収縮させると骨盤を立たせる動きになります。

椅子に長く座っていると腰方形筋が痛くなり腰痛の原因になるので。

痛くなる前に予防のストレッチをしましょう。

ストレッチ方法

①足を伸ばして座ります。

②左足を曲げ右足を交差させます。

③背筋を伸ばし上体を左に捻り10秒キープします。

※逆も同様にやります。

深呼吸を忘れずゆっくり伸ばしましょう。

姿勢良く座っていても気がつくと背中が丸くなり腰が痛くなるので。

痛くなる前の予防のストレッチをしましょう。

祝日も祭日も通常通り営業しております。

お気軽にお電話ください。

【肩コリ予防】胸鎖乳突筋を伸ばして肩コリ予防!肩痛・肩こり対策ストレッチ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

少しずつ木々が色づいてきまいしたね。

もう少ししたら紅葉を見に箕面がにぎやかになりますね。

今回紹介するストレッチは胸鎖乳突筋を伸ばしていきます。

胸鎖乳突筋は、側頭骨から鎖骨に着く大きな筋肉で、この筋肉が硬くなると首が動かしにくくなり肩コリになりやすくなります。

胸鎖乳突筋を触るには、右を向いたとき喉の左側に出てくる筋肉です。

ストレッチ方法

①片方の手で逆の鎖骨の上を軽く押さえます。

②顔は手と同じ方行の上を見ます。

③伸びているのを感じながら10秒キープします。

※逆も同様にやります。

祝日も祭日も通常通り営業しています

お気軽にお電話ください。

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約