【肩こり予防】自宅で出来る棘上筋のトレーニング!

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

いよいよ梅雨の時期になってきましたね。

梅雨になると雨が続きじめじめしてなかなかスッキリしない天気が続きますね。

雨に日は気圧が下がりいつもより肩こりが強く感じたりひどい場合だと頭痛を感じる方もいます。

そうならいためにも日ごろから動かすことが重要で、特に雨で外での運動が出来なくなると

筋肉が動かされず硬くなってしまいます。

そうならないためにも日ごろから動かすことが大切になるので、今回紹介するトレーニングをして予防しましょう!

今回紹介するトレーニングは、棘上筋のトレーニングです。

棘上筋は、僧帽筋上部繊維の下にあるインナーマッスルで触ることが出来ない筋肉ですが、

回旋筋腱板という肩の靭帯の変わりに肩を安定させる4つの筋肉の1つです、

日常生活の中ではもちろんスポーツをする方にもとても重要な筋肉なのでしっかりと動かしましょう。

脚は肩幅に開き親指を下にして少し左腕を軽く外に広げます。

肘をまっすぐしたまま肩と同じ高さまで上げます。

腕の位置は真横ではなく肩甲骨の延長線上に来るように少し前に出します。

逆側も同様にして10回を一セットととしてやってみてください。

慣れてきたら500mlのペットボトルやゴムチューブを使い少し負荷をかけてやってみてください。

重量を重くすると棘上筋よりも三角筋に効果があるので軽い重量で大丈夫です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。