スタッフブログ

スタッフブログ カテゴリー アーカイブ

【Vリーグ】東村山遠征【きんでんトリニティブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

1月19日に東京都東村山市で行われたヴォレアス北海道戦に帯同してきました。

前半戦が終わり、ここから後半戦が始まります!

後半戦は、一度戦ったチームと戦うので、

前半戦で負けたチームにも勝てるようにサポートしていきます!

後半戦の初戦のヴォレアスには、開幕戦で負けているのでここで勝ち勢い付けたい一戦です。

第1セット

序盤、拮抗した試合になったが中盤からヴォレアスのサーブが決まり点差が開き、そのまま点差を縮める事が出来ず、16ー25で1セット目を落とします。

第2セット

序盤からヴォレアスのサーブをうまく上げる事が出来ず、きんでんは攻撃のリズムに乗れずヴォレアスにリードされたまま14ー25で2セット目を落とします。

第3セット

きんでんは、ヴォレアスのサーブや攻撃を上手く返す事が出来ず、リードを広げられ18ー25で3セット目を落とし、

セットカウント0ー3のストレート負けをしてしまいました。

後半戦の初戦を落とし、悔しい敗戦になりました。

選手達のケアには、E.F.A.S(運動機能分析システム)を使い、

身体の使いグセで生じる、体のズレを正し、

関節の動きを正常な可動域に戻すケアをしています。

スポーツをしている人は、特にですが、
していない人でも日常生活の使いグセにより、
気がつかないうちに体のズレができ、
関節の可動が狭くなったり関節などに痛みが出てきます。

選手達には、パフォーマンス向上のため、

姿勢を正し関節の可動域を広げスムーズに動けるようにし、

身体に負担がかかりにくい姿勢になるのでケガの予防にもつながります。

E.F.A.Sは、遠征だけではなく接骨院でも使っています。

E.F.A.Sや当院の治療が気になりましたらお気軽にお電話ください。

祝日も通常通り営業しています。

『あなたは何もない平らな道でつまずいたことありませんか?』スタッフブログ

こんにちは(๑╹ω╹๑ )♫
新しい年も始まり、年末年始のバタバタからやっと解放される時期になりましたね。皆さんのお正月はいかがでしたか?
ご家族やお子さん、お孫さんとゆっくり出来ましたか?
私たちは、年を越すたびに1つ歳を取っていく訳ですが、今日は加齢と共に筋肉量が低下して日常生活に支障が出るほどの状態『サルコペニア』についてお話ししていきたいと思います。
みなさん何もない平らな廊下などでいきなりつまずいたりしたことはありませんか?
もしかしたらそれはサルコペニアの影響かも知れません。

サルコペニアとは、筋肉量が減少して筋力の低下や、身体機能が低下をきたした状態を言います。
65歳以上の高齢者に多く、75歳以上になると急に増えてきます。
歩く速度が低下する、転倒、骨折のリスクが増加する、着替えや入浴などの日常生活動作か困難になる、死亡率が増加するなど、様々な影響が出てきます。
また65歳以下の方でも、デスクワークや電動自転車に頼る生活、無理なダイエットでの栄養不足による筋肉量低下など、若い人の中にもサルコペニア予備軍がいるので注意が必要です。

サルコペニアには加齢が原因で起こる一次性サルコペニアと
加齢以外にも原因がある二次性サルコペニアがあり、二次性は生活スタイルが原因となることもあれば、身体的な病気(重症臓器不全や神経筋疾患、炎症性疾患、悪性腫瘍など〕が原因になることもあります。

サルコペニア自己チェック

歩くのが遅くなった。(横断歩道を渡りきれない)

手すりにつかまらずに階段を上がれない。

ペットボトルのキャップを開けにくくなった。

身に覚えがある方は要注意!

サルコペニアはその治療において、食事や運動が有効であることがわかっています。
動物性タンパク質で赤身の肉や魚、乳製品に加え分岐鎖アミノ酸と呼ばれる必須アミノ酸を含む鶏肉やマグロ、牛乳などを十分に意識して摂取することが推奨されています。

 

【Vリーグ】三重県津市遠征【きんでんトリニティブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

1月11日に、津市久居総合体育館で行われた試合に帯同してきました。

2020年最初の試合ということもあり、気持ちを新たに気合も十分です。

去年は2勝8敗と勝てない試合が続きました。

年明けの初戦はヴィアティン三重との一戦

ヴィアティン三重は守備が固くなかなかスパイクが決まらないチームです。

第1セット

開始早々、三重に6連続得点を決められ、三重ムードになりましたが、♯7田畑選手の連続ブロックで勢いに乗り、徐々に追い上げデュースになり、27-25で1セット目を取ります。

第2セット

序盤に三重にリードされる展開になったが中盤に追いつきどちらも譲らない展開になりデュースに持ち込んだが、一歩及ばず、24-26で2セット目を落とします。

第3セット

序盤、きんでんがリードするも三重に中盤で追いつかれそのままの勢いで22-25で第3セット目も落とします。

第4セット

序盤、三重に連続得点を取られリードされるが、アタックとブロックで点数を重ね逆転し、その勢いのまま25-20で4セット目を取ります。

第5セット

序盤、拮抗した試合が続きましたが、中盤に三重にリードされ10-15で5セット目を落とし。

フルセットの末、2-3で負けました。

2020年の初戦を勝ちきることができず悔しい敗戦になりました。

12日は、練習があるということなので参加させていただきました。

この日は、昨日の試合の課題を練習しました。

最後に、課題と反省点を確認しながら2チームに別れ試合をしました。

 

練習後、選手全員にイーファス(運動機能分析システム)を使い、検査をしました。

 

検査の結果をもとに、選手一人ひとりの状態に合ったストレッチを教えました。

身体の捻れや、肩の高さのズレなどがあると、関節の動きが悪くなりパフォーマンスが落ちてしまい、十分なプレーが出来ず、ケガの原因になることもあります。

そうならないように、自分の状態に合ったストレッチやマッサージでケアをする事が大切です。

イーファスなどを使い、今シーズンきんでんのサポートをし、勝利に貢献出来るように頑張ります。

当院は、祝日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

2020年!!あけましておめでとうございます♬スタッフブログ

明けましておめでとうございます♬

前原です(๑╹ω╹๑ )☆

2020年が始まりましたね♬皆さん年末年始はいかがでしたか?お天気にも恵まれ出かけられた方も多いのではないでしょうか?

私は毎年恒例で広島へ行ってきました♬おせち料理やお雑煮、お餅など毎日食べ過ぎて大阪に戻って体重を測ると…その先はご想像にお任せします。。。。

今日は1月7日。お粥に春の七草と呼ばれる セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズシロ、スズナ の7種類が入った『七草粥』を食べる習わしがありますね。

セリ(芹)

名前の由来は、競り合うように生えることから。この名前に「(競争に)競り勝つ」という意味がかけられています。受験などにぴったりの植物といえますね。

ナズナ(薺)

ペンペン草とも呼ばれるナズナ。ナズナには、「なでて汚れを取り除く」という意味があるそうです。食べることで、解熱や利尿作用の効能があると言われています。

ゴギョウ(御形)

ゴギョウとは「人形」のこと。これは、「仏のからだ」を表し、縁起物とされています。

ハコベラ(繁縷)

「繁栄がはびこる」ことから、こちらも縁起物。腹痛や歯槽膿漏の薬として使用されてきた植物です。

ホトケノザ(仏の座)

葉が、仏様が座っている座のようなかたちをしており、紫の花が咲きます。胃を健康にし、整腸作用があるとされています。

スズナ(菘)

スズナは、かぶのことです。すずなは、神を呼ぶ鈴に見立てられたことから「鈴菜」と書くこともあるのだそう。消化を促進し、便秘解消の作用を持つと言われています。

スズシロ(蘿蔔)

すずしろは、大根のこと。「汚れのなき清白」を意味します。風邪予防に最適と言われています。

七草粥は、無病息災、健康長寿を願って食べますが、その他にもお正月のご馳走で疲れた胃を休ませる意味もあります。

私も年末年始と負担をかけた胃を休ませてあげるために(そして早く体重を元に戻す為に!!!)今晩はお粥を作りたいと思います♬

2020年もとくやま鍼灸接骨院をどうぞよろしくお願い致します☆

年末年始これは身体にNG!スタッフブログ

こんにちは♫前原です(๑╹ω╹๑ )☆

クリスマスも終わり今年も残すところ一週間を切ってしまいましたね。みなさんやり残したことはありませんか?

12月は師匠も走り回るほど忙しい月ということで「師走」と言います。走り回るほどではなくても大掃除や仕事納め、忘年会、そして年始に向けての準備など・・・何かとバタバタすることが多く身体もその分酷使されてしまします。

そしてやっと年が明けると師走の慌ただしさが嘘だったかのように、こたつやソファーでゴロゴロ。。。気づいたらうたた寝してしまい目が覚めたら身体が痛たたた。。。みなさん思い当たる節はありませんか?私は身に覚えがありすぎます。。。

大リーグで活躍されていたイチロー選手は柔らかいソファーには座らないそうです。何故でしょうか?

ソファーなどの柔らかい場所に座るのはふかふかして気持ちいいですよね。でも実は柔らかいソファーは身体によくないんです。

体が沈み込むようなふかふかのソファーに座るとどうしても骨盤が寝てしまい、腰椎を大きく曲げた姿勢になってしまいます。そうすると腰椎が痛みやすくなってしまいます。なので長時間柔らかいクッションやソファーでくつろぐ習慣がついている方は猫背が進みやすく腰痛も起こしやすくなってしまいます。

イチロー選手は柔らかいソファーが腰に悪い事を知っているんですね。さすが!

どうしても柔らかい椅子に座らなければならない場合は、なるべく浅く腰掛けて背筋を伸ばす事を心がけましょう!これはどんな場所に座る場合も同じです。出来るだけ骨盤を寝かさず立てて座ることを心がけ新年も正しい美しい姿勢で迎えましょう♬

2020年も楽しく健やかに過ごせる年になりますように♬

〜年末年始お休みのおしらせ〜

12/30(月)午後〜1/3(日)まではお休みになります。

前後は混雑しますので早めのご予約お待ちしております♬

メリークリスマス♬スタッフブログ

こんばんは☆前原です(๑╹ω╹๑ )

今日はクリスマスですね♬

お仕事の方も、お家で家族と過ごされる方もみなさん素敵なクリスマスをー♬(๑╹ω╹๑ )

【Vリーグ】今年最後の試合!【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

12月21,22日東京都立川市泉市民体育館で行われた、バレーの試合に帯同してきました。

この遠征で今年最後なのと、 ここ数試合あと一歩及ばずセットを取られず負ける試合が続いているので、なんとしてでも勝ちたい試合です!

21日、つくばユナイテッドsunGAIA戦

つくばは、高さのあるブロックで攻撃を通さないチームです。

第1セット

序盤、拮抗した試合展開になりましたが中盤に連れつくばのブロックときんでんの連携ミスで点差を広げられますが、きんでんのピンチサーバーの♯9内園選手のサーブで点差を縮めるも19-25で1セット目を落とします。

第2セット

両チームのセッターの的を絞らせない攻撃でどちらも譲らない試合展開になりましたが中盤つくばにリードされ点差が開きましたが、きんでんのピンチサーバー♯2尾松選手のサービスエースから流れを掴みデュースまで持ち込みますが、あと一歩足らず24-26で2セット目を落とします。

第3セット

序盤から、アタックとブロックできんでんが点差を広げ、サーブで相手のレシーブを崩し反撃の隙を与えず25-19で3セット目を取ります。

第4セット

序盤、つくばのサーブで崩され点差をつけられるも、きんでんのピンチサーバー♯2尾松選手のサービスエースで勢いに乗り同点まで追いつくも最後は、つくばの攻撃にやられ22-254セット目を落とし、

セットカウント1-3で敗れました。

試合は、サーブで相手を崩し有利に攻撃を勧められたのですが、連携ミスなどで上手く流れをつかむ事が出来ず苦しい試合展開になり負けてしまいました。

この日は、次の日も試合なのでホテルで宿泊しました。

ホテルでは、選手のケアをしました。

♯5大賀選手の首のマッサージ中です。(気持ち良さそうな顔)

22日東京ヴェルディ戦

東京ヴェルディは、ホーム戦という事もあり観客の声援が大きく太鼓で盛り上げていました。

試合前に選手がサインボールを投げてくれます。

♯12新谷選手が快く撮らせてくれました!

昨日の敗戦から気持ちを切り替え、今年最後の試合に望みます。

第1セット

ヴェルディに序盤、サーブで崩され点差をつけられるも、持ち前の攻撃力で追撃、中盤にヴェルディの攻撃でまた点差をつけられますが、選手交代などで守備を固め反撃のするがあと一歩届かず。

22-25で1セット目を落とします。

第2セット

序盤どちらも譲らない試合になるがきんでんが粘り、少しずつリードしていきます、中盤♯17和治選手のサービスエースで点差を広げますが終盤、ヴェルディの追撃に会うが点差を守り。

25-21セット目を取ります。

第3セット

序盤、拮抗しでどちらも譲らない展開に中盤、ヴェルディに少しずつ離されますが、調子のいいサーブで巻き返しますが届かず。

23-25で3セット目を落とします。

第4セット

ヴェルディは、序盤から5連続得点と離されますが、サーブで攻撃のチャンスを作るがヴェルディの勢いが収まらず14-25で4セット目を落とし。

セットカウント1-3で試合に敗れました。

ここ数試合セットカウント1-3で負ける試合が多く、勝ちきれない展開になっていますが。

来年は、気持ちを切り替え、勝ちきれる試合をできるようサポートします!

次の試合は、来年1月11日三重県の津市久居総合体育館で行われます。

興味のある方は是非足を運んでみてください!

当院は、祝日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

【温度差】気温の変化が激しいこの時期は、寒暖差疲労に注意!スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

最近、朝と昼の気温差がすごいですが、昨日は寒く今日は暖かいと、いったように気温の変化が1日ごとに大きく違っています。

これだけ気温の変化が起こると、体調を崩しやすくなったり頭痛や、吐き気、疲れが取れないなど様々な症状が出てきます。

そいった方は寒暖差疲労かもしれません

寒暖差疲労とは、身体が寒暖差により疲労が溜まっている状態です。

原因は、朝と昼の気温差や、前日との気温差が5℃以上ある場合になりやすいと言われています。

また、部屋の外と中の気温差が大きいと寒暖差疲労につながると言われています。

一度気温の変化でなるのではなく、何度も気温の変化にあたることにより、体温調節をしている、交感神経と副交感神経 の切り替えが増え、エネルギーが枯渇することにより起こり、疲労溜まりやすくなります。

寒暖差疲労は、クーラー病とも言われ、季節の変わり目だけではなく夏の暑い時期や、冬の寒い時期にもクーラーが原因で起こりやすくなっています。

寒暖差疲労の予防には。

・ゆっくりとお風呂に入る。

お風呂に入って浸かることにより、身体の芯まで温まり血液やリンパの流れが良くなり、老廃物を流し、筋肉のリラックス効果もあり自律神経を整えてくれます。

・いつもより少し長い距離を歩くまたは、いつもより早く歩く。

いつもより少し動くだけで、冷え症が改善し寒く感じにくくなります。

・防寒対策など気温差を減らす。

防寒することにより身体に気温差を感じさせないことで、自律神経を乱れにくくします。

・睡眠時間をしっかり取る。

しっかりと睡眠する事で自律神経のリズムが整い疲労回復やリラックス効果があります。

・温かい物を食べる。

なるべく冷たいものを控え、温かい飲み物を飲み身体内側から温めましょう。

これからますます冷え、本格的な冬がやってきます。

寒くなる前に少しずつ予防をし寒暖差疲労になりにくい身体を作りましょう!

当院は、祝日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

気づいたらなんとなくやってませんか?身体に負担が大きい日常のNG行動【パート2】スタッフブログ

こんにちは☆前原です(๑╹ω╹๑ )♬

前回に引き続き、今回も日常生活でついついやってしまいがちな身体に負担が大きいNG行動についてお話ししていきたいと思います。

【眠り方】

時代劇の様な高い枕に頭を乗せて仰向けで寝ている方は要注意!極端にいうと首だけが垂直に近い角度で持ち上がる事で首の後ろ側に余計な負担がかかります。硬くて高い枕が好みという方はすでにそれが肩や首のコリの原因になってしまっているかもしれません。また寝る前に読書やスマホを見る際取りがちな姿勢が、腹ばいで首だけ起こした姿勢。こちらは首の前側に不要な負担がかかってしまいます。

どちらも同じくらいよろしくないNGな習慣です。

【靴の種類】

こちらは女性の皆さんにに是非知って置いていてだきたい項目です。女性の皆さんが毎日履く靴が意外と腰痛と関わりがあるんです。

まず踵がほぼぺったんこのフラットシューズ。一見楽チンで負担も少なく見えるのですが、長く歩くのには支障があります。踵に重心がかかりすぎて地面を蹴ることが難しくその分、股関節に負担がかかるので腰痛の原因になることもあります。さらにNGなのはハイヒールです。骨盤が前に傾いて反り腰になり、膝が内側に入ってX脚になり膝と腰ダブルに負担がかかってしまいます。

【髪の洗い方】

髪の洗い方まで!?と思った方もいらっしゃると思います。そうなんです。毎日のお風呂タイムにも密かに危険が…。

皆さんは髪を洗うとき立って洗いますか?椅子に座って洗いますか?

立って洗う派はまだ腰痛予備軍。すすぎの際に首を長く後ろに倒しすぎると首の前側に負担がかかってしまいますが、極端に長い時間でなければセーフです。

これに対して、お風呂の椅子に腰掛けてぐーっと背中を丸めて頭を下に下ろした体制は腰にも首にも負担がかかっています。長年のスタイルを急に変更するのは難しいので椅子で前かがみ派の方はせめて洗っている最中は背筋を伸ばすことから心がけてみてください。

【掃除】

年末にかけてお家の大掃除をされる方!お掃除もやり方1つでカラダへの負担を減らせます。

お庭や道の落ち葉掃きなどはなるべくほうきを身体に密着させながら行いましょう。勢いをつけて腕などだけで掃くとカラダは不安定になり腰椎に負担がかかります。

もっと問題なのはお部屋の掃除機がけ。皆さんご自身が掃除機をかけている姿を思い出してみてください。腰が丸まり猫背姿勢になっていませんか?腰に負担がかかってしまっています。出来る限り背筋を伸ばしてくださいね。そして、前回の【物を拾う】の項目でもお話ししましたが低い場所のお掃除はきちんとしゃがんで行うことで脊柱や腰椎への負担が大幅に軽減されます。

日常生活の何気ない動作の積み重ねで腰痛のや肩コリの原因になるということは、逆を言えばその原因となる行動を取り除くことができれば痛みとさよなら出来るかもしれないという事です。

少しの意識で変わる事がたくさんあります。とくやま鍼灸接骨院では患者様お一人お一人に合わせた日常生活においてのアドバイスやご自宅で手軽に行えるストレッチなどの指導も行なっています♬

どんな事でも気軽にお声掛けてください(๑╹ω╹๑ )☆

☆年末年始のお知らせ☆

〜12/30日(月)午前まで

1/4日(土)〜通常通り

年末年始は混み合いますので早めにご予約お待ちしております♬

【Vリーグ】埼玉遠征、VS大同特殊鋼レッドスター戦!【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

12月14日埼玉県三郷市の三郷市総合体育館で行われた大同特殊鋼レッドスター戦の試合に帯同してきました。

埼玉ということもあり遠い!

片道4時間近くかかりました^^;

大同特殊鋼レッドスターは、ブロックと粘り強く繋ぐレシーブが持ち味のチームでなかなかミスのしないチームです。

きんでんは、ここ数試合勝てていないのでここで勝ち勢いをつけたいところです!

第1セット

序盤どちらも譲らない展開でしたが、試合が進むにつれ、きんでんのミスが続き点差が開き18-25で1セット目を落とします。

第2セット

きんでんが序盤リードしたが、大同のブロックと粘りのレシーブで繋ぎ点差を縮められ逆転され21-25で2セット目を落とします。

第3セット

序盤から押され11-16とリードされていましたが、♯12新谷選手のサーブかリズムを作り6連続得点しそのままの勢いで25-21で3セット目を取りました。

第4セット

このセット取りフルセットに持ち込みたいきんでんは、序盤から攻めに行きますが大同のブロックに阻まれ21-25で4セット目を落とし。

1-3で大同特殊鋼レッドスターに負けました。

チーム的にも、ここ数試合勝てずセットを先制された状況でも、♯12新谷選手が積極的に声を出しコートを盛り上げていました。

その声の影響か試合も大きく崩れることなく、3セットの♯12新谷選手のサーブで6連続得点を手繰り寄せ、3セット目を取れたのかもしれません。

選手一人ひとりが声を出し合い連携出来ればあと一歩勝利に近づくのではないでしょうか!

今年もあと2試合、この2試合を勝ち来年へ繋げたいです!

次回は、12月21・22日に東京都立川市の立川市泉市民体育館で試合が行われます。

当院は祝日も通常通り営業しています。

お気軽にお電話ください。

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約