スタッフブログ

スタッフブログ カテゴリー アーカイブ

『歩くことの大切さ。』スタッフブログ

突然ですがあなたは今日何歩歩きましたか?

少し前までは「1日1万歩!」とよく耳にしましたが、現在推奨されているのは 18000歩、そのうちの20分間は速歩き』 というものです。

下の表は1ヶ月間に1日8000歩程度歩く頻度を訪ねた結果になります。 女性の69.7%、男性の62.4%が「月1日未満」と回答。「週1日以上」は、女性18.5%、男性が26%しかいませんでした。男女別では女性の方が、年代別では男性の20代、女性の20~30代が、歩く習慣が少ない傾向にあることがわかります。 そして去年から続くコロナウィルス感染症の影響で不要不急の外出自粛やテレワークなどにより歩く機会がますます減ってしまっている方は多いと思います。

東京都健康長寿医療センター研究所によると、1日の平均歩数が1000歩(徒歩10分に相当)増すごとに、発症を抑えることができる病気が増えるとい研究データが発表されています。 歩くことは、うつ病やがん、脳卒中、心疾患、認知症に加えて、高血圧、糖尿病、メタボの予防にもつながることがわかっています。

健康を維持することは、感染症にも有効な防御対策です。感染拡大を防ぐルールをしっかり守りながら『1日8000歩』意識してみましょう♪

【夏に負けない身体づくりを始めましょう♪】スタッフブログ

4月に入り暖かい日が増えてきましたね。ポカポカ陽気に誘われて何か運動を始める方も多いのではないでしょうか?

運動不足の解消に、身体を動かす事はとても素晴らしいですが、いきなりハードな運動はおススメできません。

冬から春へ、少しづつ身体を慣らしていきましょう。

冬の間寒くてしばらく運動から遠ざかっていた方やコロナで運動不足の方、何か運動を始める方にはウォーキングが最適です♪

◎健康効果を高めるウォーキングのポイント◎

①正しい姿勢で歩く

正しい姿勢=運動効果が高い姿勢です。身体の関節可動域を大きく使い、筋肉に刺激を与えるような正しい姿勢で歩くことで、運動効果は大きく変わります。

②合計30分以上歩く

正しい姿勢を身につけて、20〜30分以上歩くようにしましょう。週に2〜3回程度続けると、しっかり運動効果が現れてきます。

③継続してウォーキングする

楽しくなければ継続することは難しくなります。楽しくウォーキングを続けるためには、友人やウォーキング仲間を見つけて一緒に歩いたり、イベントに参加してレジャー感覚で歩くのもいいですね。音楽などを聴きながら、風景を楽しみながら、気軽にウォーキングすると続けやすくなります♪

寝ているだけで運動&リラックスできる夢のようなマシン!!その名は……スタッフブログ

こんにちは♪

桜が咲き始め、ポカポカ陽気の日が増えましたね。

暖かくなると身体を動かしたくなる方も多いのではないでしょうか?

去年から運動不足が続いてしまっている方に!今日は寝ているだけで運動できて、リラックスまでできてしまうマシンのご紹介です♪

その名も『セーフプレーン!!!』

当院には寝ているだけで、ウォーキングやランニング、スイミングの様な運動ができるマシン『セーフプレーン』があります。

足や腕を固定して、あとはマシンに身を委ねるだけで体幹を揺動し、両手両足を交互に上下運動して全身の運動を行えます。

筋肉の伸張収縮を繰り返し行い、筋肉のポンプ作用で全身の血液循環が良くなり、筋肉に溜まっていた疲労物質や発痛物質を代謝できます。

また、一定のリズムで受動的に身体が動く事により、自律神経が安定し副交感神経が優位になり、結果リラックスにつながります。

「このマシン使用した日はとてもよく眠れる」とおっしゃる患者様が多いんですよ。

また、ご自身での運動が難しい状態

・交通事故のリハビリ

・病中病後の運動

・老化による筋肉や関節の硬化

などでも、無理なく身体を動かすことが可能です。

ご興味ある方は是非1度お試しください♪

新年明けましておめでとうございます。今年もとくやま鍼灸接骨院を宜しくお願いいたします。スタッフブログ

少し遅くなってしまいましたが、皆様明けましておめでとうございます!

コロナ関連の暗いニュースが続き、オリンピックも延期。会いたい人にも自由に会えず我慢続きの2020年が終わり、新しい年ももう気づけば2週間近くが経過しました。始まったばかりの本年が皆様にとって素敵な一年になりますように♪

素敵な毎日は健やかな体から!!何か身体のお困りごとがあればいつでもご相談ください♪

2021年も明るい笑顔と元気な挨拶で皆様をお待ちしております。

今年もとくやま鍼灸接骨院をどうぞ宜しくお願いいたします。

スタッフ一同

【Vリーグ】今期初のホーム戦!奈良遠征【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

12月5.6日に行われた奈良県の金魚スクエアで行われた、

きんでんトリニティーブリッツの試合に帯同してきました。

今回は、今シーズン初のホーム戦!

まだ勝ち星がないのでホームで勝って勢に乗りたいです!

5日 東京ヴェルディ戦

ヴェルディは、先週戦い負けているチームです。

前回の悔しさや反省を生かし勝ちたいです!

試合は、序盤からきんでんがサーブで相手を崩し勢に乗りますが、

中盤にヴェルディに攻められてしまいましたが、序盤の勢いのまま。

3ー1で今シーズン初勝利しました。

一勝まで長かったですが、勝てて一安心です!

今回は、会場が近くだったので帰宅しました。

6日 富士通レッドスターズ戦

富士通は現在9連勝中と勢いに乗っています。

この試合が今年最後なので、連勝し勢いに乗り今年を終わりたいです!

試合は、富士通の攻撃に押せれる展開が続きますがきんでんは粘り強く食らいつきますが、ミスや攻めきれず。

0ー3で負けてしまいました。

今年はこの試合が最後だったので、勝って次に繋げたかったです。

バレーのケガで捻挫多く試合中に捻挫をしたことのある選手が多いいようです。

原因としては、ブロックや、スパイクの着地時に

味方の足を踏んでしまったり、相手選手の足を踏んでしまったり。

片足で着地した時にバランスを崩すなどして足を捻挫します。

ほとんどが内返し捻挫で、外側の靭帯が伸ばされてしまいます。

足首の捻挫は、軽い場合はそのままにしている人が多いですが、

そのままにしていると足首の靭帯が完全に良くなる前に負担をかけると、

靭帯が伸びたままになってしまい捻挫を繰り返ししやすくなります。

そうならないように足首の筋肉である腓骨筋を鍛えるのが大切です!

腓骨筋は、すねの外側に付いている筋肉です。

この筋肉を鍛えるためには、足にゴムチューブを巻き左右に引っ張る事により鍛えられます!

ですが、予防をしていても捻挫をしてしまう事があります。

もし捻挫をしてしまったまずはRICE処置をしましょう!

RICE処置とは

安静(Rest)

氷で冷却(Icing)

弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)

患肢を挙上すること(Elevation)

この4つの行動の頭文字からおり外傷を受けた時の緊急処置に行うものです。

これらの処置が遅れてしまうとケガが長引き復帰するまでの時間が伸びてしまいます。

ならないように予防も大切ですが、捻挫をしてしまった時の事も考えておきましょう。

スポーツにはケガがつきものですが放置しておくと取り返しのつかないようになるので早めの処置が大切です

寒くなるにつれて、手足の冷えにお困りではありませんか??スタッフブログ

こんにちは♪

12月に入りやっと冬らしい日が続くようになってきましたね。みなさん衣替えや暖房器具といった寒さ対策はもう万全ですか?私はとても寒がりなので、11月中旬から早々にお家を冬仕様にして準備万全です(^_^)♪ただ、お家の中がいくら暖かくても一歩外に出るととても冷えますよね‥‥。着込めば暖かいけれど、それにも限度はありますし、着込むことで逆に身体を締め付けてしまい血行が悪くなり、かえって身体を冷やしてしまうことにもなりかねません。

冷えに困っている方はカイロを使用したり、マフラーやレッグウォーマーなどを活用したり様々な冷え対策をされていると思います。身体の中から温める為に生姜や唐辛子を積極的に採ってみたり。

なのに温めても温めてもなぜか改善されない辛い冷え‥‥。実は自律神経が関わっているんです。

自律神経とは循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整する為に24時間働き続けている神経です。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

そもそも手足の指先がある程度冷たいのは正常なことで、冷え性ではありません。本当の冷え性は、体全体が低体温になってしまい体温調整ができないことを言います。

その原因が主に自律神経の不調です。自律神経がよくないということは内臓の動きも悪いと想像できます。内臓の動きが悪いと、内臓の周りに脂肪がつきやすくなります。皆さんご存知の内臓脂肪と言うものです。内臓脂肪がたまるとさらに内臓の血行が悪くなり悪循環に陥ります。そして自律神経が不調になる原因の一つに背骨の歪みがあります。自律神経は脳から背骨を伝って全身に張り巡らされていますが、背骨が歪むと自律神経の情報伝達がうまくいかなくなることがあるのです。

夏や冬の体温調整が苦手で、内臓脂肪を溜め込んでしまっている。そんな症状に心当たりがある方は、一度背骨の歪みによる自律神経の不調を疑ってみましょう。

とくやま鍼灸接骨院ではコンピューターを使ったバイタルセラクトセラピーなど、背骨の歪みに特化した施術もおこなっています。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいね♪

【Vリーグ】多摩遠征!【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

東京都多摩市総合体育館で11月28、29日に行われたきんでんトリニティーブリッツの試合に帯同してきました。

きんでんは今シーズンまだ勝ち星が付いていないので今回勝って勢いに乗りたいです!

28日は長野ガロンズと戦いました!

ガロンズは、現在3位につけていて調子がいいチームです!

試合は、序盤きんでんが攻めリードしますが、ガロンズが後半追い上げ押されてしまい、1ー3で負けてしまいました。

試合後、勝てない悔しさから選手達が自らサブアリーナで今回の試合の反省点や修正点を確認しながら練習しました。

ホテルでは、接骨院でも使っているイーファスという使いグセを分析し、姿勢の改善をするケアをしました。

バレーの選手の多くは猫背の方が多くいるようで、選手も気にしている方は多い思います。

バレーのレシーブの構えは、背中を丸くなります、その姿勢を繰り返し行う事で日常生活でもクセになり猫背の選手が多くなります。

猫背がなんでダメかというと、猫背まま腕をあげようとすると腕が上がらなくなります。

その状態で何度もスパイクを打つと肩に負担がかかり痛みやケガの原因に繋がります。

それ以外にも、猫背により胸が縮こまる事によ呼吸が浅くなり疲れやすくなったり、

骨盤が後傾し脊椎に負担がかかり、腰痛にもなります。

猫背はバレー選手だけでなく、他のスポーツをしていても日常生活の使いグセによりいつのまにか猫背になっていたりもします。

猫背をそのままにしていると、パフォーマンスが低下したり、ケガ苦しめられたりします。

そうなる前に猫背などの姿勢を良くして、

パフォーマンスの向上やケガの予防をして思いっきりスポーツを楽しみましょう!!

29日は、東京ヴェルディと戦いました!

ヴェルディは、ホームゲームというのと昨日の試合を逆転勝ちし勢いがあるチームです。

きんでんは、昨日反省点を生かし勝ちたいです。

試合は、序盤にヴェルディのサーブに連続失点を取られるが、中盤きんでんが攻めて勢いに乗りますが、終盤チャンスものにする事が出来ず、

1ー3で負けてしまいました。

次回は、ホームゲームでまたヴェルディと戦うので今度こそは勝ちたいです!

【Vリーグ】宮崎県遠征【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

宮崎県都城市の早水公園体育文化センターで11月21、22日に行われた、

きんでんトリニティーブリッツの試合に帯同してきました。

21日は、ヴォレアス北海道と戦いました!

ヴォレアスは去年2位と強いチームで、今年から元全日本キャプテンの

越川優選手が加入したのが話題になりました。

試合は、ヴォレアスのサーブに苦しめられなかなか波に乗れず一方的な展開が続きます、クイックやバックアタックで攻めますが、打開出来ず。

0ー3で負けてしまいました。

明日も試合があったためホテルに宿泊し明日に備えケアをしました。

ホテルでは、体育館より時間があるので話をじっくり聞きマッサージなどでケアをします。

選手のケアをする際、膝や腰、肩、脚などいろんなところを見てほしいと言ってもらえますが、

中でも多く言われるのが肩を見て欲しいと言われます。

チームによってまちまちかもしれませんが。

バレーは、野球の投球と同じオーバーハンドでスパイクを打ちます。

野球との違いは、空中で野球に比べると大きく重いボールを打つことです。

その際、それまで動いていた筋肉が一度止まってしまい、

筋肉や腱が摩耗しますそのまま使い続けると肩の動きを安定させていた筋肉が損傷してしまい

痛みや上げにくさが出現してきます、それを放置しておくと

動揺性肩関節(ルーズショルダー)などになりやすくなります。

この症状は、 スパイクなどの腕を振りかぶった際に痛みや脱臼感が出現し

強く振る事がしにくくなりパフォーマンスが落ちてしまいます。

基本的にはオーバーユース(使いすぎ)が原因で起こりますが、

元々肩の関節が緩い人、弱い人にも起こりやすいです。

練習前と後のストレッチや回旋筋腱板のトレーニングをすることにより予防になります。

選手には、パーソナルストレッチをしたり、ゴムチューブ、や軽い重りなどを使ったトレーニングを指導しています。

来院されるスポーツをしている患者さんの多くは、練習前のストレッチはするが、練習後のストレッチはあまりしていないという患者さんも多いです。

練習前だけでなく、練習後使った筋肉のストレッチをしてケガの予防をしましょう!

22日富士通カワサキレッドスピリッツ戦と戦いました。

富士通は、去年1位と2日連続で強いチームとの試合です。

試合は、序盤に富士通のサーブで苦しめられますが、徐々にレシーブで粘りますが、流れを掴む事が出来ず。

0ー3で負けてしまいました。

まだ今シーズン勝ち星がまだないので次の試合では勝てるように頑張ります。

あなたは大丈夫?今すぐできる姿勢チェック!!!スタッフブログ

こんにちは♪先週の暖かさが嘘のようにすっかり秋が深まってきましたね。箕面も紅葉を見にくる方々で連日すごく賑わっています。

この時期、気温が低くなってくると厚手の洋服をたくさん着込んだり、寒いので身を縮めたりして身体に力が入りがちです。想像してみてください。寒い日の朝白い息でかじかむ手をふぅ〜と温めるご自身の姿を‥‥。。。姿勢。どうですか?丸まって猫背になっていませんか??今このブログを読んでくださっているこの瞬間も‥‥。背筋。伸びてますか???

今日は日常生活で何気なく行っている姿勢が乱れる10の動作を振り返ってみましょう!


(1)バッグをいつも一方の肩にかけている


一方の肩ばかりに負担をかけ続けると、特定の筋肉だけが緊張し、左右のゆがみにつながります。意識して
バッグをかける肩を時々替えることや、手に持つときも、一方の手だけで持たずに時々左右を替えて持つように心がけましょう。


(2)デスクワークのとき、机やいすの高さが合っていない

 新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが増えた方も多いのではないでしょうか?机が低すぎると前かがみになり、高すぎると反り返って背骨に余分な負担がかかります。ひじを曲げて机に乗せたとき、ひじがほぼ直角の状態に落ち着くのが理想の高さです。いすの高さは、かかとからひざまでと同じか、やや低めのものを選ぶようにしましょう。

座った時、ひざが座面よりやや高くなるのが最適です。


(3)あぐらをかくことが多い


床に座るとき、あぐら、横座り、正座のうち、最も腰に負担がかかるのがあぐらです。逆に
最も負担が軽い座り方は正座。 腰のためにも正座を心がけていきましょう。


(4)よくハイヒールをはく

 こちらは女性に注意していただきたい項目です。ハイヒールをはくと、体の重心が前に出て前かがみになるか重心が後ろになって、おなかを突き出した姿勢になりやすくなります。特に筋力の無い人はより姿勢が崩れやすくなります。

ハイヒールをはくときは、できるだけ短時間にして、おなかに力を入れて胸を張るように心がけると姿勢の改善にもなりますし、ハイヒールの似合う綺麗な立ち姿になります。また、ひざが曲がると余分な負担がかかり、ひざ痛を起こすことになる。太ももに力を入れて、ひざをのばすようして歩くよにしましょう。

 


(5)普段の生活であまり体を動かさない

 筋肉は運動をしないと衰える一方です。

 筋肉が衰えると背骨をしっかり支えられず、腰や肩に痛みがでやすくなります。特に女性は男性に比べ筋力が弱いので積極的に筋トレを行うのが理想です。激しい運動ではなく、ウォーキングなどの全身運動を是非習慣していきましょう。腰痛など身体に痛みのある人は、水中運動(水泳・ 水中ウオーキングなど)がおすすめです。


(6)自動車の座席に浅く腰掛け、背中を丸めて運転している

 プライベートやお仕事で車を運転する時間は意外に長いです。その間浅く腰掛け背中を丸めていると背骨が不自然にわん曲し、腰の反りが強くなるので、シートとハンドルの距離をちゃんと調節し、深く腰をかけて背もたれにもたれすぎないようにしましょう。背筋を伸ばし、ひざやひじが軽く曲がる状態でハンドルを握る。腰が沈んでしまう場合は、クッションなどを背中に当てて調整しましょう。


(7)掃除機をかけたり風呂を掃除したり、前かがみになることが多い

 掃除、洗濯、料理、アイロンがけなどの家事は前かがみで行うことが多いので注意が必要です。いすの下など低いところはひざをつけて掃除機をかけたり、バスタブは柄の長いブラシを使うなど、長時間かがみ続けないように工夫をしましょう。


(8)腹ばいでテレビを見たり、本を読んだりする。

これからの季節、こたつに潜り込んでテレビを見る機会も増えますね。腹ばい(うつ伏せ)になると体が反りすぎるので、肩、背中、腰に想像以上に大きな負担がかかります。長時間の腹ばい状態は厳禁。また横向きでテレビを見る、テレビ画面を見上げるなどの姿勢も背骨がゆがんだり、特定の筋肉だけを使ったりするので避けましょう。


(9)いすに座ったとき、脚を組む癖がある

脚を組むと、骨盤が左右に傾き、そのぶん背骨や背骨を支える筋肉に悪影響が出ます。できるだけ組まないほうがよいが、組むときは左右の脚を交互に組み替えるように注意しましょう。


(10)柔らかい布団が好きで、枕も高いものでないとぐっすり眠れない。

柔らかすぎる布団(敷き布団やマットレス)は体が沈むので背骨のカーブが崩れやすく、特に腰の反りが強くなります首の骨も自然なカーブを描いているが、枕が高いと、同じようにカーブが崩れやすく、寝違えを 起こすもとに。布団は硬めのものを、枕の高さは6~8cmくらいを目安にして選ぶと負担の少ない姿勢で眠ることができます。

 

いかがでしょうか?皆さんはいくつ当てはまりましたか?

気づいた時が改善の時!!ご自身はもちろんご家族や周りの方と指摘しあって美しい姿勢を保ちましょう♪

【Vリーグ】リモート開催川崎遠征!【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

11月14、15日に川崎市スポーツ・文化総合センターで行われた、

きんでんトリニティーブリッツさんの試合に帯同してきました。

14日大同特殊鋼レットスター戦

久しぶりの試合ということもあり試合前にストレッチや準備運動をして望みました!

今回の試合は、リモート開催で無観客試合にで行はれました。

試合は、センターの福井選手、古川選手のクイックを使い攻めにいきましたが、

試合が進むに連れ会場の静かな雰囲気からか波に乗れず連携ミスなどが多くなり。

0ー3で試合に敗れました。

次の日も試合があるのでホテルで選手のケアをしました。

ホテルでは選手一人ひとりの体の使いグセを確認し、正しい姿勢になるようにマッサージをしました。

姿勢が崩れると可動域が減ったり、筋肉の緊張などでパフォーマンスが落ちてしまいます。

そうならなように日頃からケアを心がけましょう。

15日兵庫デルフィーノ戦

試合前、昨日試合の疲労を無くすためストレッチや可動域を増やすために、サンクトバンドを巻きました。

試合はセッターの毛利選手が的を絞らせないトスワークで点を取り、

リベロの大賀選手やセンターの福井選手の盛り上げでチームに勢いをつけましたが。

2ー3フルセットで負けてしまいました。

フルセットまでもつれ込みましたがあと一歩足りませんでした。

試合中に大賀選手に腕が上がりやすいと言ってもらえましたが、

他の選手にも言ってもらえるようになりチームが勝てるように頑張ります!

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約