スタッフブログ

スタッフブログ カテゴリー アーカイブ

スタッフブログ

【違和感や痛みはありませんか?外来受診率がとても高い『脊柱障害』『関節症』】

こんにちは☆

みなさん今現在お医者さんに通院されていますか?

私は定期的に歯医者さん、風邪をひいたら内科へ行くことがあります。

先日歯医者さんから親知らずの抜歯を勧められ、いつ頃にしようか今悩んでいる最中です。。痛いかな‥腫れるかな‥(涙)

さて、人はどの様な理由で病院を受診するのでしょうか?

これは厚生労働省の主な傷病の受療率(人口10万人対) をグラフにしたもので、1日あたり人口10万人に対しての人数になります。

4位の急性上気道感染症はいわゆる『風邪』なのですが、その風邪より多いのが『脊柱障害』そして『関節症』も5位にランクインしています。

あくまで目安ですが、風邪で病院に行くより『脊柱障害』で病院に行く確率が約2倍、『関節症』は風邪より若干低いものの、ほぼ同じ確率で受診するという結果になります。

これらの症状で病院に行かないで済む様にみなさん当たり前にされていることは沢山あります。

●虫歯にならないための歯磨き。

虫歯菌は歯磨きによって減らすことが出来るから。

●風邪にかからない様に手洗いうがい。

手洗い、うがいで風邪のウィルスを減らすことが出来るから。

●高血圧や糖尿病にならない様に、食事に気を使う。

塩分や糖分の取りすぎが良くないから。

その病気になる原因を把握しているとしっかり予防ができますよね。

ではみなさん『脊柱障害』『関節症』の予防になにかされている事はありますか?

軽い運動や正しい姿勢を心がけている方も多いと思いますが、何故それが予防につながるのでしょうか?

まず脊柱、関節とはなんなのかを見ていきましょう。

脊柱とは、脊椎動物の体幹の中軸をなす骨格。人体では、ふつう頸椎(けいつい)7、胸椎12、腰椎5、仙椎5、尾椎3~5の椎骨が連なって構成され、側方から見ると全体にややS状をなす。背骨

関節とは、肩や肘(ひじ)、あるいは股や膝や足首や指など、人の体には全部で68個もの関節があり、骨と骨とをつないでいます。これらの関節を動かすことで、歩いたり、しゃがんだり、あるいは物をつかんだりというように、私たちが日常生活を営む上で必要な動作が可能になります。

これらの部位に問題が起きて、痛みや痺れなど様々な障害が現れることが脊柱障害、関節症と呼ばれる物になります。

今現在痛みがなくても高確率で受診する事になるかもしれないこの2つに関して、原因や予防法なども次回から詳しくお話ししていきたいと思います。

【何をしても改善されない肩凝り、頭痛、体の不調…実は顔の歪みが原因かも!?】スタッフブログ

こんにちは♪

2021年も上半期が終わろうとしていますね。時の流れは早すぎる!

去年からのマスク必須生活も1年以上が経過しました。

基本お家にいる時以外は顔の半分がマスクで隠れていますが、皆さんご自宅でふと鏡を見てこんな事を思ったことはありませんか?

「眉毛の高さが左右で違う。」

「唇の端の上下の位置が右と左では違う」

「顎の先が鼻のラインと比べて左右どちらかに移動している」

「前歯かみ合っていない」

その他にも

・食事や会話で顎が疲れる。

・口を大きく開けれない。(指が縦に3本入らない。)

・口を大きく開けるとカクッや砂利を踏む様な音がする。

当てはまった方は『顎関節症』の疑いがあります。

~顎関節症とは?~

顎関節症の病気の状態(病態)は現在4つに分類されています。

最も多いのは関節内にある関節円板というクッションが前方にずれることで起きる「カクンカクン」という音が出る状態、あるいはずれがもっと大きくなることで大きな口が開けられなくなる状態です。特に口が大きく開かなくなると、口を開けたり食品をかもうとするときに痛みが出ます。

これ以外では顎関節そのものには痛みがないのですが、下顎を動かす筋肉がうまく働かなくなり、口を開けようとすると頬やこめかみの筋肉が痛むという状態、あるいは関節円板のずれはないのですが、口を開けようとすると顎関節が痛む捻挫に似た状態があります。4番目はこれまでの3タイプほどは多くありませんが、関節を作っている骨が変形するタイプの顎関節症があります。このタイプは長年顎関節症が続いていたり、年齢の高い方に多くみられます

また、関連する症状として、以下の症状を感じる方もいます。

・歯の噛み合わせに違和感がある
・肩こりや首こりがひどくなる
・頭痛がする
・耳が詰まる、耳鳴りを感じる
・めまい
・目が疲れる
・鼻がつまる

このように、顎自体に症状を感じるケースに加えて、関連した部位に症状を感じるケースも多くみられます。

慢性的な肩コリからくる頭痛がひどくて来院された患者様で顎関節の調整をして良くなった例や、顔の左右差が改善された方もいらっしゃいます。

上記の様な症状で、色々な治療を試したけれど効果が得られなかった方は1度当院にご相談ください♪

【幼少期の大切さ】スタッフブログ

こんにちは♪

まだ5月だというのに関西は早くも梅雨い入りしてしまいましたね…。

近所の小学校では休み時間のたびに校庭で遊ぶ楽しそうな声が聞こえていましたが、雨が続くとこの声も聞こえて来ず。

さらに去年からコロナウィルスの影響でさまざまなイベントや学校行事が中止になり、子供達の心身にも大きなストレスがかかってしまっていると思います。

子供も大人も、1日でも早く自由に思いっきり遊びたいですね。

思いっきり遊ぶには健やかな身体がとっても重要です。

今日はお子さんの身体の発達において知っておくべき大切な『背骨』のお話です。

うお子さんやご自身の小さい頃を思い出してみてください。

あなたはいつ頃から立って歩いていますか??

平均的に生後9ヶ月頃からつかまり立ちを始め、1歳前後でよちよちと歩き始める子が多いようです。

二足歩行の前には四つん這いの『ハイハイ』で前に進んでいたわけですが、この『ハイハイ』の姿勢が二足歩行にはとっても重要です。

手をついた時の圧が背骨まで伝わり後ろにカーブしていきます。

股関節に伝わる圧は、尾骨の上の仙骨という骨を後ろにカーブさせます。そして腰の骨は前にカーブしていきます。

これが私たち大人と同じ背骨のS字カーブに繋がっていきます。

このように『ハイハイ』というのは背骨のカーブを作る際に重要になります。

そして1歳を目処に立ち上がり歩きはじめるのですが、ハイハイをあまりしていない子供は背骨のカーブができにくく、左右の筋肉バランスも整わないまま成長していきます。

その時に背骨が 横に曲がる側弯症の原因を作ったり、(先天性の場合もあります)頭痛や肩こり、腰痛などの症状が後々発生したりします。

乳幼児期、学童期、思春期など、様々なタイミングで側弯症は発生します。

中でも最も多いのは思春期です。この『思春期特発性側弯症』の場合は、女の子に見つかることが圧倒的に多いです。頻度としては、男の子ひとりに対して女の子は5~8人といったところ。全体の割合としては、男女ひっくるめて児童が100人いたら、そのうち1、2人くらいが側弯症という事になります。

単純に考えても、子どもの1~2%くらいが該当するということで、決して稀な病気ではないようです。

また、現代の小学生は2/3がかかとをつけたまましゃがめないそうです。

かかとをつけてしゃがむとグラグラしてしまい体が安定しないそうです。

これは和式トイレを使わなくなった為とも言われています。背骨と共に体幹、筋力が安定していないと高い運動能力は得られません。

昔は小学1年生の時に、側弯症の検査がありましたが、現在は少ないようです。

高校生になって指摘され、初めてわかる人も少なくありません。

是非お子さんやご自身もチェックしてみてください。

側弯症については早期であれば改善されることもありますし、早期でなくても少しずつ改善に向かう例もあります。

しっかりした身体のメンテナンスはスポーツ、学力ともに成績を向上させてくれます!

当院では背骨矯正に特化したバイタルリアクトセラピーを始め、様々な方向からお子さんの身体をメンテナンスを行なっております。

ご興味ある方は是非1度お問い合わせください♪

【えっ!?寝ているだけ!?誰でも簡単にインナーマッスルを鍛えよう!】スタッフブログ

こんにちは♪

前回のブログでインナーマッスル(胴体の内側にある筋肉)が姿勢や内臓を支えているというお話をしました。

インナーマッスルのバランスが崩れたり衰えると、カラダを支えることができなくなり、ぽっこりお腹や姿勢の崩れ、骨盤の歪みなどを引き起こしてしまいます。

とっても重要な役割を担うインナーマッスル、是非鍛えておきたいですよね。

いろんなトレーニングがありますが、中でも有名なのが『プランク』と言われるものです。

肩幅程度に開いた両肘と両膝を床につけて、そのまま両膝を伸ばしてその姿勢をキープします。

お尻が浮いたり沈んだりしないよう、肩から足までが一直線になるよう腹筋や全身の筋肉を意識します。

この『プランク』激しく動くこともなく一見地味で楽そうなのですが、これが意外とハードなんです。

ハードなトレーニングもしたくないし、汗もかきたくない!でもインナーマッスルを鍛えた~い!!そんな方にオススメなのが当院の【EMS】です。

効率良いトレーニングを、当院のEMSで♪

EMSとは(Electrical Muscle Stimulation)の略で、日本語に訳すと『電気的筋肉刺激』となります。EMSを使用行する事により無理な運動でカラダを消耗させることなく、狙った筋肉を効率よく動かします。

「寝ているだけ」で、インナーマッスルが鍛えられ、健康な筋肉バランスに整え、血行やリンパの流れを改善します。また、筋肉が増えることで代謝改善をし、より強い健康なカラダを実現します。 運動が苦手な方はもちろん、膝や腰に負担をかけれない方にもオススメです。

本を読みながら、スマホを見ながら、汗もかかずに腹筋運動♪

魔法のような体験を是非当院で♪

『ぽっこりおなか、姿勢の悪さ…実はインナーマッスル不足が原因かも!?』スタッフブログ

暖かくなるにつれて、日中は洋服も春めいた薄手のもで十分の日が増えましたね。

春らしい服を身にまとい鏡の前で本日のコーディネートチェック♪……「あれ?お腹がぽっこりしてる……なんだか猫背でだらしない……。。。」

そんな風に感じた方は『インナーマッスルが不足』しているかもしれません。

インナーマッスルとは、簡単に言うと胴体の内側にある骨格や内臓を支えている筋肉のことです。

インナーマッスルが弱かったりバランスが悪くなると体を支えることができなくなり、ぽっこりおなかや、姿勢の崩れ、骨盤の歪みなどを引き起こしてしまいます。

〈腰を守る深部腹筋群〉

インナーマッスルを鍛えることは、カラダに強固な土台ができるだけでなく、内臓を支える壁を作ることにもつながります。その結果自ずと姿勢が良くなり、腰への負担軽減やぽっこりおなかの解消が期待できます。

〈姿勢を保つ脊柱起立筋〉

姿勢を保つ重要な筋肉として、ほかに脊柱起立筋があります。背中の脊柱に近いところにあり、背中全体を上下に覆っています。インナーマッスルと脊柱起立筋をトレーニングする事で、姿勢が正しく保たれます。

〈骨盤を整えるための筋肉〉

骨盤はカラダの中心にあり、周りの筋肉と密接につながり関係しています。周りの筋肉を引き締めると骨盤も整います。骨盤に歪みがあると、筋肉のバランスも悪くなるため、普段から意識的に骨盤を立てるよう心がけましょう。

次回は『寝ているだけでインナーマッスルと腹筋を鍛える!?夢のような方法』をお伝えします♪

また当院のブログ、Facebookでは週に一度『今週のストレッチ』を更新しています。お仕事や家事の合間にチャレンジしてみてくださいね♪

『歩くことの大切さ。』スタッフブログ

突然ですがあなたは今日何歩歩きましたか?

少し前までは「1日1万歩!」とよく耳にしましたが、現在推奨されているのは 18000歩、そのうちの20分間は速歩き』 というものです。

下の表は1ヶ月間に1日8000歩程度歩く頻度を訪ねた結果になります。 女性の69.7%、男性の62.4%が「月1日未満」と回答。「週1日以上」は、女性18.5%、男性が26%しかいませんでした。男女別では女性の方が、年代別では男性の20代、女性の20~30代が、歩く習慣が少ない傾向にあることがわかります。 そして去年から続くコロナウィルス感染症の影響で不要不急の外出自粛やテレワークなどにより歩く機会がますます減ってしまっている方は多いと思います。

東京都健康長寿医療センター研究所によると、1日の平均歩数が1000歩(徒歩10分に相当)増すごとに、発症を抑えることができる病気が増えるとい研究データが発表されています。 歩くことは、うつ病やがん、脳卒中、心疾患、認知症に加えて、高血圧、糖尿病、メタボの予防にもつながることがわかっています。

健康を維持することは、感染症にも有効な防御対策です。感染拡大を防ぐルールをしっかり守りながら『1日8000歩』意識してみましょう♪

【夏に負けない身体づくりを始めましょう♪】スタッフブログ

4月に入り暖かい日が増えてきましたね。ポカポカ陽気に誘われて何か運動を始める方も多いのではないでしょうか?

運動不足の解消に、身体を動かす事はとても素晴らしいですが、いきなりハードな運動はおススメできません。

冬から春へ、少しづつ身体を慣らしていきましょう。

冬の間寒くてしばらく運動から遠ざかっていた方やコロナで運動不足の方、何か運動を始める方にはウォーキングが最適です♪

◎健康効果を高めるウォーキングのポイント◎

①正しい姿勢で歩く

正しい姿勢=運動効果が高い姿勢です。身体の関節可動域を大きく使い、筋肉に刺激を与えるような正しい姿勢で歩くことで、運動効果は大きく変わります。

②合計30分以上歩く

正しい姿勢を身につけて、20〜30分以上歩くようにしましょう。週に2〜3回程度続けると、しっかり運動効果が現れてきます。

③継続してウォーキングする

楽しくなければ継続することは難しくなります。楽しくウォーキングを続けるためには、友人やウォーキング仲間を見つけて一緒に歩いたり、イベントに参加してレジャー感覚で歩くのもいいですね。音楽などを聴きながら、風景を楽しみながら、気軽にウォーキングすると続けやすくなります♪

寝ているだけで運動&リラックスできる夢のようなマシン!!その名は……スタッフブログ

こんにちは♪

桜が咲き始め、ポカポカ陽気の日が増えましたね。

暖かくなると身体を動かしたくなる方も多いのではないでしょうか?

去年から運動不足が続いてしまっている方に!今日は寝ているだけで運動できて、リラックスまでできてしまうマシンのご紹介です♪

その名も『セーフプレーン!!!』

当院には寝ているだけで、ウォーキングやランニング、スイミングの様な運動ができるマシン『セーフプレーン』があります。

足や腕を固定して、あとはマシンに身を委ねるだけで体幹を揺動し、両手両足を交互に上下運動して全身の運動を行えます。

筋肉の伸張収縮を繰り返し行い、筋肉のポンプ作用で全身の血液循環が良くなり、筋肉に溜まっていた疲労物質や発痛物質を代謝できます。

また、一定のリズムで受動的に身体が動く事により、自律神経が安定し副交感神経が優位になり、結果リラックスにつながります。

「このマシン使用した日はとてもよく眠れる」とおっしゃる患者様が多いんですよ。

また、ご自身での運動が難しい状態

・交通事故のリハビリ

・病中病後の運動

・老化による筋肉や関節の硬化

などでも、無理なく身体を動かすことが可能です。

ご興味ある方は是非1度お試しください♪

新年明けましておめでとうございます。今年もとくやま鍼灸接骨院を宜しくお願いいたします。スタッフブログ

少し遅くなってしまいましたが、皆様明けましておめでとうございます!

コロナ関連の暗いニュースが続き、オリンピックも延期。会いたい人にも自由に会えず我慢続きの2020年が終わり、新しい年ももう気づけば2週間近くが経過しました。始まったばかりの本年が皆様にとって素敵な一年になりますように♪

素敵な毎日は健やかな体から!!何か身体のお困りごとがあればいつでもご相談ください♪

2021年も明るい笑顔と元気な挨拶で皆様をお待ちしております。

今年もとくやま鍼灸接骨院をどうぞ宜しくお願いいたします。

スタッフ一同

【Vリーグ】今期初のホーム戦!奈良遠征【きんでんトリニティーブリッツ】スタッフブログ

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

12月5.6日に行われた奈良県の金魚スクエアで行われた、

きんでんトリニティーブリッツの試合に帯同してきました。

今回は、今シーズン初のホーム戦!

まだ勝ち星がないのでホームで勝って勢に乗りたいです!

5日 東京ヴェルディ戦

ヴェルディは、先週戦い負けているチームです。

前回の悔しさや反省を生かし勝ちたいです!

試合は、序盤からきんでんがサーブで相手を崩し勢に乗りますが、

中盤にヴェルディに攻められてしまいましたが、序盤の勢いのまま。

3ー1で今シーズン初勝利しました。

一勝まで長かったですが、勝てて一安心です!

今回は、会場が近くだったので帰宅しました。

6日 富士通レッドスターズ戦

富士通は現在9連勝中と勢いに乗っています。

この試合が今年最後なので、連勝し勢いに乗り今年を終わりたいです!

試合は、富士通の攻撃に押せれる展開が続きますがきんでんは粘り強く食らいつきますが、ミスや攻めきれず。

0ー3で負けてしまいました。

今年はこの試合が最後だったので、勝って次に繋げたかったです。

バレーのケガで捻挫多く試合中に捻挫をしたことのある選手が多いいようです。

原因としては、ブロックや、スパイクの着地時に

味方の足を踏んでしまったり、相手選手の足を踏んでしまったり。

片足で着地した時にバランスを崩すなどして足を捻挫します。

ほとんどが内返し捻挫で、外側の靭帯が伸ばされてしまいます。

足首の捻挫は、軽い場合はそのままにしている人が多いですが、

そのままにしていると足首の靭帯が完全に良くなる前に負担をかけると、

靭帯が伸びたままになってしまい捻挫を繰り返ししやすくなります。

そうならないように足首の筋肉である腓骨筋を鍛えるのが大切です!

腓骨筋は、すねの外側に付いている筋肉です。

この筋肉を鍛えるためには、足にゴムチューブを巻き左右に引っ張る事により鍛えられます!

ですが、予防をしていても捻挫をしてしまう事があります。

もし捻挫をしてしまったまずはRICE処置をしましょう!

RICE処置とは

安静(Rest)

氷で冷却(Icing)

弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)

患肢を挙上すること(Elevation)

この4つの行動の頭文字からおり外傷を受けた時の緊急処置に行うものです。

これらの処置が遅れてしまうとケガが長引き復帰するまでの時間が伸びてしまいます。

ならないように予防も大切ですが、捻挫をしてしまった時の事も考えておきましょう。

スポーツにはケガがつきものですが放置しておくと取り返しのつかないようになるので早めの処置が大切です

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約