症例ブログ

症例ブログ アーカイブ

膝蓋靭帯炎| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の福井優花です。

 

 

今日は膝蓋靭帯炎についてご紹介します!

〔原因〕

膝蓋靭帯炎は主に膝の伸展運動を繰り返すような

バレーボールや急激なストップ動作、方向転換を行う

バスケットやサッカーに多いとされています。

成長期の子どもの場合、骨の成長に筋肉の成長が

追いつかないため相対的な筋短縮状態を起こしてしまいます。

そのストレスが膝蓋骨周辺に蓄積されることで起こるとされています。

また、大腿四頭筋の柔軟性の低下も原因の一つとしてあげられています。

 

 

〔好発部位・年齢〕

約7割は膝蓋骨下縁〜膝蓋靭帯付着部

約2割は膝蓋骨上縁から大腿四頭筋腱付着部

約1割は膝蓋骨中央から脛骨結節付着部です。

12〜20歳に多く、特に10代の男子に多い。

 

〔症状〕

運動時に膝前面に疼痛や圧痛があります。

軽度:運動後のみに疼痛があり、腫脹が見られる場合がある。

中等度:運動中、運動後の疼痛があるが機能的な影響は少ない。

重度:運動中、運動後に長引く疼痛がある。満足のできるスポーツ活動を維持することが困難。腫脹はほぼ見られない。

 

〔診断方法〕

尻上がりテストと言うものを行います。

まず、うつ伏せに寝てもらい膝を少しずつ曲げていきます。

大腿前面の突っ張ったような疼痛から逃れようと同側のお尻が上がると陽性です。

 

〔治療〕

原則として保存療法を行います。

軽度:特に運動の制限などはせず、練習前のウォーミングアップとストレッチ、運動後のアイシングを徹底させる。

中等度:運動量などの制限を行い、温熱療法やテーピング・サポーターで部分的に膝蓋骨の圧迫をする。

重度:運度を禁止させ、中等度と同じく温熱療法やテーピング・サポーター等で膝蓋骨の圧迫をする。

3ヶ月以上の保存療法を行った後、MRIで明らかな異常所見が見られる場合は手術が行われることもあります。

※軽度では特には運動制限はしないと書いていますが、早く治すためには運動を禁止することが一番です。

部活などに所属している場合、練習を休めるかどうかなどの確認を取るようにしてください。

 

〔予防〕

大腿四頭筋の柔軟性を保つ。

ウォーミングアップやクールダウンをしっかりと行い、場合によっては運動後にアイシングを行うと良い。

 

10〜20代の男性といった若い世代に多い疾患で

部活などでスポーツを盛んに行う世代だと思います。

膝周辺に疼痛や圧痛など違和感があれば

ぜひ当院までご連絡ください!!

 

ベーカー嚢腫| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんばんは!!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様からご好評頂いているとくやま鍼灸接骨

の中井晶士です。

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談ください

今回、紹介させてもらうのはベーカー嚢腫です。

ベーカー嚢腫は膝の関節腔の裏から袋状に突出した袋が膝の裏にできて、

中に滑液が溜まって生じます。

膝関節内の関節液が多量に作られるとそれが、裏側に流れて滑液が増加します。

この嚢腫は拡大して、ふくらはぎの筋肉内まで広がることもあります。

滑液の量が急速に増えて嚢腫が圧迫されると破裂して関節液が漏れ出て周囲の組織が

炎症を起こし、血栓性静脈炎に似た症状が生ずることもあります。

ベーカー嚢腫が血管を圧迫すると、膝窩静脈の血栓性静脈炎を引き起こすことが稀に

あります。

 

 

【症状】:膝の裏側が腫れて、曲げると窮屈に感じたり、膝を伸ばしたりして痛みを

感じる場合はベーカー嚢腫の可能性があります。

 

【好発】:50〜70歳の女性に多いです。

なかには、5歳前後の子どもに生じることもあります。

好発部位としては、膝窩部のやや内側に起こります。

 

【原因】:原因は不明なこともありますが、関節リウマチ、変形性関

節症、膝の使いすぎなどが考えられます。

【治療】:基本的には経過観察で様子を見ることになりますが、リンパマッサージで

症状が改善する場合もあります。

ただし、慢性的に痛みが続く場合には薬剤の注射や手術による摘出を検討する場合も

あります。

整形外科への対診が必要と判断した場合には当院からも紹介状を書くことも可能です。

どんな悩みでもいつでも当院にご相談ください!!

凍結肩| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の福井優花です。

 

今回は凍結肩についてご紹介します。

凍結肩とはいわゆる五十肩と呼ばれているもので

フローズンショルダーとも言われます。

 

特にこれといった原因はありませんが、肩の関節包や滑液包などが

退行変性などにより癒着することで起こると言われています。

40〜60代の女性に多い疾患です。

 

症状として最も多いのが拘縮で、あらゆる方向への肩関節の動きが制限されます。

結帯・結髪などといった帯を結ぶような仕草や髪を結ぶような仕草が

障害されやすいとされています。

 

当院で行う治療として、運動療法や鍼灸マッサージを行います。

肩が痛いからといって動かさなければ拘縮は改善されません!

無理のない程度に動かしたり血液の循環を良くすることで

筋肉や関節の運動をスムーズにしていくことが大事です。

 

ご自宅でできるセルフケアに振り子体操があります。

 

i_1 i_2

1 中身の入ったペットボトルのような軽いおもしを持って立ちます。

2 腕を振り子のように前後や左右に揺らします。

※1日に数回行うだけで構いません。

体操を無理に続けて行うことで炎症が起きてしまい

肩が痛くなることがあるので無理のない程度に

行ってくださいね!

 

 

交通事故治療やアドバイスで多くの患者さまからご好評頂いています!

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください!

とくやま鍼灸接骨院

半月板損傷| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者さまからご好評頂いているとくやま鍼灸接骨院の平井奈美です。

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください。

 

今日は、 膝の半月板損傷について

ご紹介していきます!

半月板とは、膝関節に加わる衝撃吸収の役割のほか、

膝の安定をはかる役割があります。

 

多くはスポーツ活動中に発生します。

繰り返し起こる軽微な損傷や、捻りや衝撃などの大きな外傷。

バスケやバレーなど、ジャンプを繰り返すスポーツや

接触プレーの多いコンタクトスポーツ

水泳の平泳ぎなどで多く見られます。

症状としては

膝の疼痛、可動域制限、腫れ

不安定感のような、膝崩れ現象

完全に膝を伸ばしきることのできないロッキング

などが出現します。

 

基本的には保存療法

当院ではセイフプレーンという機械を用いて

負担のかからない関節運動を行い

膝関節に栄養を与えるようにします。

その後、膝周囲筋のマッサージや筋力運動を行い、経過をみます。

症状の度合いでは、

手術が必要となります。

 

膝の痛みでお困りの方、

どんなことでも

ご相談ください!

 

 

肩関節脱臼| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!!

交通事故やアドバイスで多くの患者様にご好評いただいているとくやま鍼灸接骨院の山村颯です

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談ください!!

 

今回紹介させていただくのは、「肩関節脱臼」です!

肩関節脱臼はその名のとおり、肩関節での脱臼のことをいいます。

外傷による肩関節の脱臼は、ラグビー、アメフト、柔道などのコンタクトスポーツに多く、前方脱臼がほとんどです。肩関節は一度脱臼を起こすと、その後は脱臼しやすくなります。

脱臼の回数を増すごとに軽微な外力でおこるようになり、スポーツ活動ばかりでなく、寝返りのような日常動作でも脱臼が起こりやすくなります。これを反復性肩関節脱臼と呼びます。

なので、固定やその後の治療がとても大切になります。


・症状

急激に発生する疼痛、腫張、外観変形(上腕骨頭が移動する為、肩の膨隆が消失する)、肩関節の運動制限、合併障害として血行障害や神経麻痺(肩や指のしびれ)がみられることもあります。

 

・治療

柔道整復師による徒手整復は応急処置として認められています。

当院では、脱臼に対して徒手整復を行います。

整復にはいろいろありますが、さまざまな危険があるため現在一気に整復する方法は行われず、ゆっくり時間をかけて整復します。

ベッドの上に腹ばいになった患者さんの手首に重りを付けて引っ張る方法や、床の上にあお向けになった患者さんの腕を引っ張りながら徐々に上に挙げていく方法が代表的です。

整復後は、腕を三角巾などで3週間以上固定し、固定が取れれば、運動療法によって徐々に肩の動きを回復させますが、脱臼を起こさせる方向の運動は6?8週間禁止されます。

・予防

肩関節脱臼は何度も繰り返してしまう可能性があります。スポーツをする前の準備運動はもちろん、日常生活にも十分注意する必要があります。

またわからないことがあれば、いつでも当院に相談してください!

石灰沈着性腱板炎| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様からご好評頂いている

とくやま鍼灸接骨院の平井奈美です。

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください。

今日は

肩の石灰沈着性腱板炎について

お話していきますね!

この疾患は、特に思い当たる原因もなく

強く痛みが出現するものになります。

激痛で夜も眠れなかったりする方もいます。

腱板とは

肩のインナーマッスルになっており

棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋であり、

特に棘上筋に沈着しやすくなっています。

好発としては40〜50代の女性に多くなっています。

石灰はレントゲンで容易に診断することができます。

治療としては

急性期で激痛の場合は

整形外科にて注射をうつことで

痛みは緩和されます。

その後、

肩周囲のマッサージやリハビリで

血流をよくしていくことです。

整形への対診が必要と判断した場合は

当院からも紹介状を書くことも可能です。

どんなお悩みでもご相談ください!

患者様にとって

最善の治療を提供いたします!

 

 

前十字靭帯損傷| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!!

交通事故やアドバイスで多くの患者様にご好評いただいているとくやま鍼灸接骨院の山村颯です🐵

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談ください!!

 

今回紹介させていただくのは、「前十字靭帯損傷」です!🎊

前十字靱帯とは、脛骨が大腿骨に対し前方へ移動しない役割をしている膝の中央にある靭帯です。

その役割から、スポーツ時に大きな負荷がかかると、どうしても損傷する機会も多くなります。そして、一度伸びてしまった前十字靱帯は一般的には元通りの緊張となることはありません。

スポーツ外傷として頻度が高く、ジャンプ後の着地、疾走中の急激な方向転換・ストップ動作、相手との衝突などによって、膝関節に異常な回旋力が加わって損傷します。

 

なので、スポーツをよくする人に好発します

アメフトやスキー、柔道、バスケなど、、🚲

 

 

・症状

激しい痛みや腫れ、膝関節の運動制限、筋力低下

 

また、高い確率で半月板損傷などの二次障害が起こったりします。

・治療

原則的には、スポーツ活動を維持する場合、手術が必要です。

保存療法での治療目的は日常生活動作の回復、膝周辺(大腿四頭筋、ハムストetc..)の筋力維持、強化、競技パフォーマンスの維持です。

受傷初期は膝関節の固定、アイシングを行います。

 

当院では、後療として膝周囲筋のmassやストレッチ、筋力トレーニングなどを行います。

 



こういった怪我をしないためには、運動前後やお風呂上がりなどに行うストレッチがとても重要になってきます。

ストレッチをする習慣がまだないという方は、すぐに始めましょう。

結果が大きく変わってくるとおもいます!

またわからないことがあれば、いつでも当院に相談してください!

SLAP損傷| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんばんは!!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様からご好評頂いているとくやま鍼灸接骨院の中井晶士です??
交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談くださいにひひ

 

今回、紹介させてもらうのはSLAP損傷です。

 

SLAP損傷は、投球動作を頻回に行うスポーツ選手や、スポーツ活動中などの転倒の際に外力が上腕骨の長軸上で関節窩上方にかかった場合に生じる疾患です。

 

好発年齢は16〜30歳で、症状としては例えば野球選手に生じたものでは、日常生活での疼痛や運動障害はほとんどなく、投球時のコッキング期からボールリリースにかけて、疼痛や引っかかり感を訴えることが多いです。

外傷により生じた例では、肩挙上回旋時の痛みや引っかかり感(はさまる感じ)を訴えます。

また、腱板疎部に圧痛をしばしば認めることもあります。

 

原因としては、オーバーユースになるものが多いです。

特に投球動作時に後方に引きあげた腕に力が入りすぎたり、肘を伸ばして腕を上げる癖がある人に多いと言われています。

 

治療は、受傷直後は安静・アイシングなどをして保存療法を行います。

また、肩関節の理学療法として可動域向上や肩関節後方線維のストレッチをします。

それから、肩関節の安定性を図るためにインナーマッスルのトレーニング(棘上筋体操など)も行います。

 

通常では3ヶ月ほどで完治になりますが、重症の場合は手術が必要になります。

 

なので、重症化する前に数日経過しても痛みがなかなか取れない場合は早めに当院までお越しください。

 

三頭筋2

SLAP損傷 ストレッチ 上腕三頭筋

ストレッチの仕方:両膝を着いて立ち、片方の腕をのばしクロスさせてください。

顔は正面を向けたまま伸ばした腕を引き寄せてください。

これを10秒間キープしてください。

 

肩鎖関節脱臼| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!!

交通事故やアドバイスで多くの患者様にご好評いただいているとくやま鍼灸接骨院の山村颯です

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談ください!!

?

今回紹介させていただくのは、「肩鎖関節脱臼」です!

鎖骨の外端と肩甲骨の肩峰という場所の間にある関節を肩鎖関節といい、ここで脱臼を生じる症状を肩鎖関節脱臼と言います。

柔道・ラクビーなどのコンタクトスポーツやバイク・自転車事故、作業中の転落・転倒などで肩の外側を強く打ちつけることにより、発生します。

なので、スポーツをよくする15〜30歳の男性に多く発生します。

・症状

肩の安静時の痛み、押した時の痛み、運動時の激しい痛みと腫れがみられます。

また、ピアノキー症状と言って鎖骨外端が上方に浮き上がり、押さえてもまた浮き上がるという特徴的な症状がみられます。

これは上肢の重みにより肩甲骨肩峰が下がることにより起こります。

?

・治療

軽度であれば、三角巾で手を吊り、始めの2?3日は患部を冷やし、その後は患部を暖めて痛みと腫れが引いてきたら肩関節の運動練習を開始します。

三角巾の固定は2?3週間行います。

2ヵ月間は重量物の持ち上げやコンタクトスポーツは禁止です。

重度では、中高年の事務職には亜脱臼と同様の治療法を行います。

若者やスポーツ・仕事で肩をよく使う人には手術を行います。

 

 

・予防

転倒することの多いスポーツでは、転f到時にうまく受け身を取れるように練習することが予防に役立ちます。

肩鎖関節脱臼は癖になりやすいので、普段からのケアや筋力強化などを徹底するのが、とても大切です!!

またわからないことがあれば、いつでも当院に相談してください!

ハンター管症候群| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんばんは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様からご好評頂いているとくやま鍼灸接骨院の中井晶士です??
交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方はお気軽にご相談くださいにひひ

 

今回はハンター管症候群についてご紹介していきます!

 

ハンター管症候群は伏在神経の絞扼性神経障害であり、膝内側部痛を生じる疾患の一つです。

 

伏在神経は、大腿神経から別れる知覚枝で膝関節内側および膝関節、下腿内側、足関節内側の皮膚知覚を支配しています。

 

その神経が下行して、大腿内側で深部から浅部に出るときに膝関節内側の上10cmの付近でハンター管(内側広筋と大内転筋が結合する部分)を通過します。

 

神経がこの筋膜を貫く部分で圧迫されることによっておこる疾患をハンター管症候群といいます。

 

この疾患は、スポーツ活動をする人に多く見られ、バレーボール、バスケットボールなどジャンプ動作の多い種目や平泳ぎ選手に頻度が高いのと大腿内側を強く伸張するスイングを繰り返す軟式テニスに多く、膝関節への負荷が増大することによって発症します。

 

また、スポーツ活動をする人以外でもタイツやスパッツなどにより太ももの内側が締め付けられるようなことがある場合、膝のサポーターを強く締め過ぎている場合やハンター管周辺の筋肉が硬くなり緊張が強くなることによって伏在神経が圧迫される場合などがあります。

 

症状としては、主にふくらはぎの内側がしびれます。

膝内側から内くるぶしの周辺にしびれや痛みを伴う場合があります。

階段昇降や起立動作、しゃがみこむ動作などで痛みが強くなります。

膝内側の疼痛を訴える場合もあるので膝の疾患との鑑別も重要です。

 

治療としては、セーフプレーン(パワープラント療法)を用いて治療していきます。

またストレッチや筋膜リリースを行い大内転筋の柔軟性を向上

していくことが症状の改善につながります。

このような症状でお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください!!(^O^)

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約