スクワットの間違ったやりかた!

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

今回は、ストレッチではなくスクワットについて紹介していきます。

スクワットのやり方ぐらい知っているよ!

という方がほとんどだと思いますが、意外とちゃんとしたフォームでスクワットをしている方は、意外と少ないです。

間違った方法でするとケガの原因に繋がるので参考にしてやってみてください。

患者さんにスクワットを指導した際に多くの方が間違っていたところがあるので、何回かに分けて説明をしていきます。

今回は、膝の位置についてです。

ダメな例

膝が内側に入っています。

このまま続けると膝を痛めることになります。

しゃがむ時には膝が外側を向いているが立ち上がりで膝が内側に入ってしまう方も多くいます。

良い例

膝とつま先が同じ方向を向きしゃがみ込めています。

慣れない場合は、足幅を広くすると膝が内側に入りにくくなります。

スポーツ中もですが膝が内側に入りつま先が外を向いていることを

ニー(膝)イントゥ(つま先)アウトと言い、ケガをしやすい姿勢になります。

走っているときや、ジャンプの踏切りの際にクセでなっている方も多く

無理をするとケガの原因にもなるのでスクワットの時だけでなく、スポーツ中も膝が内側に入らないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。