【膝の痛み予防】脚を広げて内転筋のストレッチ!

こんにちは。

とくやま鍼灸接骨院の佐々木です。

4月ももう半分が終わりましたね。

新しい環境にも少しずつ慣れ始め新しいことにチャレンジし始めるころではないでしょうか。

学生さんなら部活、社会人なら習い事やジムなどで普段と違うことをするものいいのではないでしょうか。

ですが、久しぶり身体を動かすと筋肉や関節が硬いままでケガの原因にもなります。

そうならないようにストレッチをして予防しましょう。

ストレッチ紹介

四つんばいになります。

足を広げていき股関節を広げていき。

伸びを感じるところで10秒キープします。

もう少し伸ばしたい方は、引きを着き、恥骨を前方に押し出します。

このストレッチでは主に内転筋がストレッチできます。

内転筋は、太ももを閉める作用を持ち、この筋肉が硬くなると、

うち側に力が入りⅩ脚になりやすく、そのまま放置をしていると膝関節の変形の原因になることもあります。

そうならないようにストレッチをして予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。