【やってみよう!毎日数分の深呼吸タイム♪深呼吸実践編】

スタッフブログ

【やってみよう!毎日数分の深呼吸タイム♪深呼吸実践編】スタッフブログ

こんにちは♪前回深呼吸が身体にどのような良い変化もたらすかをお話ししました。

読んでいただいた皆さん、朝起きた時やお仕事の合間に深呼吸してますか?

私は朝カーテンと窓を開けて「スゥ~」ふと合間に思い出したら「ハァ~」と毎日深呼吸でリフレッシュしてます♪

では今日は「深呼吸実践編」です。

ちょっとしたコツや、より良い効果を得るためのポイントをお伝えしていきます。

6秒かけて吸って、9秒かけて吐き切る。を10回繰り返しましょう。

①まずはしっかり吐いてみよう

「吸う」から始めがちな深呼吸。でも肺の中に空気がある状態からでは、それ以上吸い込めません。人間のカラダは、息を吐ききると、自動的に吸うようにできています。まずは息を吐くことから始めてみましょう。

②吸うときは鼻から

口から空気を吸うと、冷たく乾燥した外気も、ホコリも、ウイルスも、ダイレクトに肺に入ってしまいます。でも鼻から吸えば、粘膜や鼻毛などがフィルターとなり、湿気のある優しい空気が入ってきます。呼吸するとき、「吸うのは鼻から」を習慣づけてみましょう。

③ゆっくり吐けば筋トレに!

息を吐くとき、口をすぼめるなどして抵抗を作り、ゆっくり吐くと、呼吸筋や腹筋をしっかり使うことになり、筋トレになります。また、一定の力で持続的に呼吸筋を収縮させることで、その間、体幹を安定させることができます。

④吸う=広げる 吐く=縮める

基本的に、息は、手を伸ばして広げることで吸いやすくなり、カラダを縮ませることで吐き出しやすくなります。呼吸のリズムにあわせて動作でサポートしてあげると、より自然に、気持ちよく深呼吸できます。

⑤オススメの時間帯は朝

セロトニンは、深呼吸によって刺激され、とくに朝の光で活発化します。1日を心地よく過ごすためにも、酸素がフレッシュに入ってくる朝に深呼吸を取り入れるのがオススメ。朝に弱くてぼーっとしがち、という人は試してみて。

⑥何歳でもできる!

深呼吸は子どもから高齢者まで、どの年代でもでき、効果を実感できる健康法です。とくに加齢とともにカラダを動かすことが少なくなると、呼吸も浅くなりがちなので、深呼吸を積極的に日課に取り入れてみてください。

家にいる時間が長くなり、椅子にずっと座っていると、知らないうちにカラダが縮こまってしまい、自然と呼吸が浅くなりがちです。また、マスクをしていると、取り込める酸素の量がいつもより少なくなっているかもしれません。ソーシャルディスタンスが保てる空気のよいところで、意識的に背筋を伸ばして深呼吸をし、酸素をカラダに取り入れるように心がけましょう。

日常の、ちょっとした合間にできる深呼吸。

最初は無理せず、慣れてきたら 少しずつ増やして続けてみましょう♪

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約