【肩コリ予防】僧帽筋を伸ばして肩コリ予防のストレッチ

ストレッチ方法 ①右手を左耳に当て右手の重さで右に首を曲げます。 ②左肘を曲げ左手を背中に置きます。 ③気持ち良く伸びるところで10秒キープします。 ※逆も同様に行います。 このストレッチでは、僧帽筋が伸ばせます。 僧帽筋は、首と肩の間にある筋肉でイメージとして、肩コリの人が触っているところです。 それほど僧帽筋は、コリやすい筋肉になります。 僧帽筋の動きは、肩をすくめたり、肩甲骨を正中線に動かす時に使います。 この動きが悪くなると肩甲骨の動きが制限され、腕が上がりにくくなったり肩コリの原因になります。 そうなる前に予防のストレッチをしましょう。 当院は祝日も通常通り営業しています。 お気軽にお問い合わせ下さい。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。