【温度差】気温の変化が激しいこの時期は、寒暖差疲労に注意!

そいった方は寒暖差疲労かもしれません 寒暖差疲労とは、身体が寒暖差により疲労が溜まっている状態です。 原因は、朝と昼の気温差や、前日との気温差が5℃以上ある場合になりやすいと言われています。 また、部屋の外と中の気温差が大きいと寒暖差疲労につながると言われています。 一度気温の変化でなるのではなく、何度も気温の変化にあたることにより、体温調節をしている、交感神経と副交感神経 の切り替えが増え、エネルギーが枯渇することにより起こり、疲労溜まりやすくなります。 寒暖差疲労は、クーラー病とも言われ、季節の変わり目だけではなく夏の暑い時期や、冬の寒い時期にもクーラーが原因で起こりやすくなっています。 寒暖差疲労の予防には。

・ゆっくりとお風呂に入る。
お風呂に入って浸かることにより、身体の芯まで温まり血液やリンパの流れが良くなり、老廃物を流し、筋肉のリラックス効果もあり自律神経を整えてくれます。
・いつもより少し長い距離を歩くまたは、いつもより早く歩く。
いつもより少し動くだけで、冷え症が改善し寒く感じにくくなります。
・防寒対策など気温差を減らす。
防寒することにより身体に気温差を感じさせないことで、自律神経を乱れにくくします。
・睡眠時間をしっかり取る。
しっかりと睡眠する事で自律神経のリズムが整い疲労回復やリラックス効果があります。
・温かい物を食べる。
なるべく冷たいものを控え、温かい飲み物を飲み身体内側から温めましょう。 これからますます冷え、本格的な冬がやってきます。 寒くなる前に少しずつ予防をし寒暖差疲労になりにくい身体を作りましょう! 当院は、祝日も通常通り営業しています。 お気軽にお電話ください。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。