どうして人は眠るの??

スタッフブログ

どうして人は眠るの??スタッフブログ

こんにちは(๑╹ω╹๑ )☆

今年は秋になっても暖かい日が続き紅葉が例年より遅いようですが、箕面の山もやっと少しずつ色づいてきましたね♬

数回にわたり『睡眠』 についてブログを書いてきましたが、今回はそもそも『人はなぜ眠るのか?』について考えていきたいと思います。

「あなたはなぜ眠るんですか?」

みなさん何と答えますか?

おそらく多くの方は「昼間活動した体を休ませるため」と回答されると思います。

この答えももちろん正しいのですが、人が眠る最大の目的は『脳の休息』です。

脳の疲れを回復できる唯一の方法は、睡眠なんです。

しかし、脳の休息といっても、実は「眠る脳の部位」と「眠らない脳の部位」があります。

まず、「眠らない脳」ですが、ヒトの生命維持を司る「脳幹」は「眠らない脳」です。24時間、365日、一生涯眠ることはありません。

一方、ヒトの知覚、思考、推察、記憶などの高次機能と呼ばれる行動の司令塔的な役割を司る「大脳皮質」は睡眠中にしっかり休息する必要があります。

しかしこの「大脳皮質」も睡眠時いつも休んでいるわけではありません。むしろ夢をみている時はフル活動しています。

では「脳」はいつ休んでいるのでしょうか?

以前お話しした「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」。みなさん違いを覚えていますか?それぞれの定義を簡単に説明すると「レム睡眠=カラダの休息」「ノンレム睡眠=大脳の休息」でおおよそ90分周期で、一晩に4〜5回繰り返されます。「ノンレム睡眠【大脳の休息】」は、その眠りの深さに応じて4段階のレベルがあります。第1段階が「うとうと」とするレベル、そして第4段階が最も深い「ぐっすり」眠るレベルです。この第4レベルの時、大脳が最も休息しています。また睡眠には、記憶の整理や定着、体の成長や修復、免疫力の向上などの働きもあります。

眠ることはただ疲れを取るだけでなく脳のや体の健康にとても大切なんですね♬

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約