寒くなってきましたね。気温だけでなく湿度も気にしてみませんか?

40%〜60%とされています。40%以下になると、のどや鼻の乾燥を感じ、風邪ウイルスが体内に侵入しやすくなってしまったり、肌が荒れたり、ドライアイになったりしていまします。そして厄介なインフルエンザウィルスの活動が活発になります。                          反対に60%以上になるとダニやカビが発生しやすくなってしまいます。 この湿度、人間の肌感覚で測ることは難しいようで、体は湿度より温度を感じ取る能力に長けているため、温度の変化には敏感ですが湿度となると症状が出るまでわから無いことも多いそうです。なので湿度計を使って温度だけでなく湿度もコントロールしていきましょう。 冬場に湿度をあげるものといえば『加湿器』ですが、今回は加湿器がなくても身近にあるもので湿度を上げれる方法をご紹介します。 ○洗濯物や濡らしたタオルを室内に干す。 ○観葉植物を置く。 ○洗面器、コップなどに水を入れて置く。 ○霧吹きで水を撒く。 ○今夜のメニューをお鍋にする。 ○お風呂場のドアを開けておく。 ○マスクをする。 ○床を水拭きする。 など、意外に簡単なものもありますね 暖房をつけていなくても乾燥する季節です。ふと気になった時に試してみてくださいね♫ 11月も祝日を問わずご予約お待ちしております♫]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。