秋真っ只中!運動!読書!食欲!そして快適な睡眠を♬

スタッフブログ

秋真っ只中!運動!読書!食欲!そして快適な睡眠を♬スタッフブログ

こんにちは♬前原です(๑╹ω╹๑ )☆

秋も深まり何をするにも快適な季節ですね♬

みなさんも運動や読書、食欲の秋!を満喫されてますか?

何をするにも身体が資本!そしてその身体を休める『睡眠』は心身の健康にとってとても大切な行為になります。

今日はそんな睡眠に欠かせない寝具の選び方の重要な三大ポイントをお伝えします♬

『失敗しない布団選び、超重要三大ポイント』

①正しい寝姿勢を、快適な状態でキープできる。(体圧分散性)

正しい寝姿勢とは、直立時の背骨のS字カーブと同じラインを保持する姿勢のことです。ただそれだけなら身体の沈み込みがゼロになる硬い床がベストということになります。。。。しかし!硬い床の上は寝心地最悪で快適には眠れません。従って単に硬いだけでなく体圧も程よく吸収し分散する体圧分散性も求められます。

②適度な寝返りを促進する。(弾力性)

リズム感のある深い眠りを常時キープするのに適度な寝返りはとても重要です。寝返りで体を動かすことで、血行をよくしたり、筋肉の弛緩を促します。また寝返りは、前回お話しした90分サイクルで訪れるレム睡眠⇆ノンレム睡眠の移行のスイッチ役も果たしています。

③寝床内の温度、湿度を管理する(保温性・通気性・吸湿性)

冬場は何と言っても「保温性」。体から発する温もりを寝床内から逃さず、しっかり保持する寝具が必要です。そして最も辛い日本の夏場。その不快な原因は、30度を超える熱帯温度もありますが、じつは高い湿度の蒸れ感の方が大きいです。まずは寝床内に湿気を溜め込まない寝具の通気性が最も重要です。そして寝具内に溜まった汗や湿気を吸収し、寝床外へ発散させる吸湿発散性の重要です。

この三大ポイントを全て叶えてくれるのが当院のベッドや、院長が自宅でも毎日使用している「39デザインマットレス」です。人肌のような柔らかさで今までにない触り心地。現在使用しているベッドや布団に敷くだけで自然な寝姿をキープできます。

ちょうど冬用寝具に変える時期ですし、ご興味ある方は気軽にお問い合わせください☆

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約