夏バテならず秋バテ

スタッフブログ

夏バテならず秋バテスタッフブログ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です( ^∀^)

最近、急に肌寒くなり身体がだるく、食欲がわかないといった症状があったりしませんか?

その症状、もしかしたら夏バテ、いや「秋バテ」かもしれませんね。

まずは夏バテについていうと、夏バテは早ければ梅雨の初めごろに発症し、

高温多湿が原因で食欲がなくなったり、疲労感や倦怠感に見舞われたりします。

胃腸が弱く、身体が細い人がかかりやすいイメージがあるが、

冷房や扇風機、冷感グッズを使うことで解消につながります。

ところが、暑さが収まり、秋を迎えても食欲不振が続き、疲れが取れず

「バテ」に襲われます。 これが「秋バテ」です。

秋バテの原因としては、自律神経のバランスを崩しているのが大きいとみるそうです。

自律神経が正常に反応する室内外の温度差は7度まで。

ですが、夏は冷房が効いた屋内と屋外の温度差が10度を超えることが日常的です。

この温度差が秋バテを発症させているようです。

自律神経を乱している要因は主に2つある。

1つは冷房です。

多くの地域でクールビズが始まる5月、早くも冷房のスイッチに手が伸びる人もいると思います。

1度使い始めるとエアコンの除湿で凌ぐのは難しく、9月まで使う人もいるのでは…。

長期間の冷房使用で身体が冷えて、秋バテに陥ると言います。

もう1つの要因は、冷たい物の取りすぎだといいます。

真夏に人々が口にするのは、ジュースをはじめビアガーデンなどでビールを飲んだり、

アイスクリームやかき氷などを摂取しすぎて内臓が冷え、体調不良につながります。

秋バテのサインが出たら入浴や食事で対処します。

入浴は38〜40度のぬるめのお湯に10〜15分入ることです。

やや高めの42度以上になると反対に疲れてしまいます。

食事はタンパク質を摂取することが有効のようです。

このような方法を行うことで疲れにくい体を取り戻しましょう!!

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

             

スムーズに施術を受けて頂ける様 ご予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約