腰痛予防のストレッチ| 箕面 交通事故 病院

  今日は、あいにくの空模様ですがこんな日はお家でしっかりストレッチをして身体の緊張した筋肉を緩めていきましょう!   身体の背面の筋肉を酷使すると、前屈の動きが制限されがちです。 重たい荷物を持つ重労働、介護で高齢の方を支えたり起き上がる手助けをする、うつ伏せで本を読む。 さらに、メタボリック症候群や妊娠時にお腹が出ると、重たいお腹を支えるために身体の背面の筋肉が緊張しやすく、同じような症状が出ます。 酷くなると座骨神経痛が出たりぎっくり腰といった状態に陥ってしまう可能性があるので注意しましょう。 股関節の屈曲が硬い方(前屈が苦手、もしくは立った状態から膝が上がりにくい方)も心当たりがないか確認してみましょう。     ストレッチの仕方 ?仰向けになり両膝を抱えます。 ?ボール、または枕などを腰の下に入れます。 ?10〜15秒行います。   ポイントと注意点 ?頭が上がると、頭を支える筋肉が緊張してしまうので上げないで行います。 ?ボールの代わりに枕でも構いません。 ?仙骨が押されて、傾いた状態を作ります。   ボールか枕のような物があれば簡単にできますのでお家でやってみてください!! ]]>