頸肩腕症候群| 箕面 交通事故 病院

症例ブログ

頸肩腕症候群| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんばんは!!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者さまからご好評頂いている

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です!

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください(o^^o)

 

昨日は、関東では雪が降り11月の積雪は明治8年以来初めてということで、都心の気温も午前9時過ぎには0.9度と今季最低を記録したそうです…。

日に日に寒さが増してきて大阪でも、箕面でも雪が降ってきそうですね。

 

さて、今日は頸肩腕症候群についてお話していきます。

頸肩腕症候群とは、後頸部から肩や腕などにかけての疼痛や感覚障害(しびれ)、あるいはコリ、脱力感などの症状を訴えるものをいい、なで肩の女性に多くみられるという特徴があります。

しかし、これは症候群としての名称であって特定の病変に基づいて付与された名称ではありません。

 

臨床現場でよく遭遇する器質的疾患である、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群など、検査によって症状の原因が明らかになるものは頸肩腕症候群の定義からは除外されます。

 

症状としては、首の筋肉、肩、背部、上腕の痛みやしびれがみられることが多いとされていて、感覚障害や運動障害もみられます。

疲れ目や目の痛み、風邪や花粉症などが、頸肩腕症候群の症状を増悪させることもあります。

また、二次的症状に、頭痛や眩暈、耳鳴りなどがあります。

末梢の循環が障害させることによって、手足の先が冷たくなる「レイノー現象」や冷え性などを生じることもあります。

 

当院では、

筋膜調整という形で治療していきます。

1つ1つの筋肉を袋のようにまとめているのが筋膜になります。

筋肉は筋膜によって繋がっています。

肩が痛くても原因の筋肉が足の筋肉にあったりもします。

痛む部位だけの治療ではなく筋膜のつながりを利用、評価し、痛みの原因となる箇所を探し出し、体のバランスを整えていき症状の改善につながります。

 

このような症状でお悩みの方は

お気軽にご相談ください!!

 

 

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約