20年に1度の・・・

  伊勢神宮までの道のりは「エイヤー」「ソイヤー」とかけ声をかけながら進んでいくのですが、伊勢神宮に到着してからは一転、ピーンと張りつめた空気の中厳かな雰囲気で進んで行きました。 遷宮後は天皇陛下ですら立ち入ることのできないご正殿の側まで石を運んでいき、無事に奉献することができました。 20年に1度の行事ですが、この行事のために伊勢市の方々は10年近く前から準備をするそうです。伊勢市民が伊勢神宮を愛し、伊勢神宮とともに生きているということを、強く感じることができました。 次の式年遷宮の時は51歳ですが、元気に参加したいと思います!    ]]>