今週のストレッチ

今週のストレッチ アーカイブ

今週の経穴(ツボ)湧泉今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です( ^ω^ )

 

今回は、「湧泉」という足のツボを紹介させてもらいます。

 

湧泉は文字どおり「湧く泉」という意味があり、腎経の気が湧き出るはじまりのツボです。

 

このツボを刺激することで、さまざまな体調不良を和らげ血行を良くして代謝をアップすることができます。

 

足裏のツボは、指圧するだけでなく、竹踏みなどのグッズを使うのもオススメです。

 

就寝前に竹踏みや足湯をすると、不眠の解消にもなりますのでやってみてください。

 

 

【主な効能】

体のだるさ、食欲不振、むくみ、高血圧、不眠、頭痛など。

 

【ツボの取り方】

足裏の中央より少し前で、指を曲げた時にできるくぼみの真ん中。

 

黒板に書かれている通り、指圧で刺激をするのもいいですが、足湯で温めたり、

竹踏みをしてツボを刺激する方法もあります。

 

足湯は洗面器に足を入れ、38〜40度程度のぬるめのお湯をくるぶしまで浸かるくらい入れる。

10〜15分程入れて、足先を温める方法をやってみてください。

 

内転筋のストレッチ今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

ようやく待ちに待った春が訪れようとしています。

みなさんご機嫌いかがでしょうか!

山村は春の訪れにウキウキしています!!

今日は内転筋のストレッチです!

自分で行えるストレッチなので是非試してみてください!

足がうんと楽になりますよ!

今週の経穴(天枢)今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です。

 

今日は、雨ですが昨日から花粉が厳しいですね。

最近になって花粉の症状がキツくなっているような気がしてしょうがないですσ^_^;

 

 

さて、今回紹介させてもらう経穴(ツボ)は「天枢」というツボです。

 

ヘソの両脇にある、腹部の代表的なツボが「天枢」です。

 

 

ツボ療法では、天枢のツボより上を天、下を地としており、天と地の気を分ける重要な部位にあるツボであると考えられています。

 

消化器、泌尿器、生殖器など多くの症状に関わりがあるため、下痢や便秘、胃痛、膀胱炎、精力減退などに有効です。

 

冷え性や生理痛、生理不順、子宮内膜症などにも関わりが深く、女性にとっても重要なツボです。

 

 

【ツボの取り方】

ヘソから指の幅3本分(人差し指から薬指まで)横にあり、ヘソの横を上下に走る腹直筋のすぐ上にある。

 

《ツボ療法のやり方》

四指を左右のツボにあて、1、2、3で息を吐きながら前かがみになって力を入れ、4、5、6で息を吸いながら戻す。

 

 

*妊婦の方は直接お腹を刺激しないようにくれぐれも注意してください!

 

前モモのストレッチ!!今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

今週のストレッチコーナー!!

今回は前もものストレッチ!

これからお花見があってたくさん歩く人も多いと思います!

そんなあなたにやってほしいストレッチです!!

モデルの顔がドカベンの岩鬼みたいになりましたので、葉っぱをくわえさせました 笑

春ももうすぐ!!

ぜひ一度ためしてみてください!

手の万能ツボ今週のストレッチ

こんばんは♪( ´▽`)

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です!

昨日は、全国的にとても暖かい陽気になり過ごしやすい1日でした。

ただ、今日は暖かいですがあいにくの天気で気持ちが滅入りますね…。(つД`)ノ

今回、精神的な症状にも効くとされている「合谷」につい紹介させていただきます!

合谷は「合する」「谷」を意味するツボ。

親指と人差し指の骨が基底で合わさって出来たくぼみの部分で、気のよく集まるところです。

目の疾患や高血圧、耳鳴り、のどの症状など、 各所の痛みに幅広く有効なツボです。

反対の親指で指圧しますが、このとき両手を上に伸ばして行うと、より効果的に刺激できます。

ストレスや無気力といった、精神的な症状にもよく手軽に刺激できるツボです。

【主な効能】

高血圧、腹痛、のどの痛み、疲れ目、歯痛、耳鳴りなど

【ツボの場所】

親指と人差し指の骨が接する位置から、やや人差し指に寄ったところ

【ツボのストレッチ】

座って親指をツボにあてた状態のまま、両手を上に伸ばす。

1、2、3で力を入れて指圧して、4、5、6で力を抜く。

反対側も同様に5回ずつ行う。

今週の豆知識今週のストレッチ

こんにちは!

とくやま鍼灸接骨院の山村です!

今週もやってきました!

豆知識コーナー!!

いつもストレッチのやり方を中心にお送りしておりましたが、

なぜストレッチがいいのか?

ストレッチをする際の注意点は?

というのを伝えていない事に気付きました!

うっかりしておりました(*゚▽゚*)

なので、今週はそれを伝えるべく黒板に書き込みましたので、是非ご覧下さい!!!

三陰交今週のストレッチ

こんばんは!

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です(*^^*)

 

 

今回は、経穴(ツボ)を紹介していきます!

 

紹介させてもらう経穴は、【三陰交】というものです。

 

三陰交は、生理など婦人科系に有効な女性のための万能ツボとされています。

 

ふくらはぎにある三陰交は、三つの陰の経絡が交わるところを意味するツボです。

 

生殖器疾患のツボで、女性の場合は生理不順や子宮内膜症、更年期障害など、婦人科系の症状にかかわります。

 

「婦人の三里」ともいわれるほど女性にとって重要なツボなので、覚えておくとよいです。

 

他にも、食欲不振、下痢、消化不良、お腹の張りなど、胃腸の症状にも有効です。

 

左右の足のツボを指圧、マッサージなどで刺激します。

 

 

《主な効能》

生理痛、生理不順、冷え性、胃痛、下痢、更年期障害など。

 

ツボの位置は、すねの内側で内くるぶしから指4本分(人差し指から小指まで)上がったところにあります。

 

 

そのツボに対してアプローチをしてストレッチしていきます。

足裏をつけて座り、両手の親指を左右のツボに当てる。

1.2.3で息を吐きながら前屈みになり、4.5.6で息を吸いながら力を抜いて戻る。

体重をかけるようにして、5〜6回行う。

 

 

自宅でもやってみてください!

 

 

今週の豆知識!!今週のストレッチ

こんにちは!とくやま鍼灸接骨院の山村です!!

今年は本当に寒いですね〜、、

寒いのは苦手です。。。

なので、こたつからなかなか抜け出せない山村です、、笑

そんな今日はストレッチではなく、

最近患者さんからよく聞かれる「こむら返り」についてまとめました!

原因は他にも妊娠や服用している薬、冷えなどたくさんあります。

どれが原因か分からなければ、まずは書いてある対策をしてみて下さい!

変化に気づくはずです!!

また分からないことがあれば、相談下さいね!!

今週のツボ(天柱)今週のストレッチ

こんばんは!!

とくやま鍼灸接骨院の中井 晶士です(*^o^*)

 

寒い日が続き、今日福井県ではものすごい量の雪が降り車が1500台ほど一時立ち往生したというニュースがながれましたね…。

 

少しの雪なら綺麗でいいものですが、これだけたくさん降ると恐怖を感じますね(>_<)

 

 

さて、今回紹介させてもらうツボの名前は「天柱」といわれるツボです。 

 

天は頭部や上半身、柱は文字通り支えるものを意味します。

天柱とは、頭部を支える大事なツボなのです。

 

 

肩や首が凝ったり、頭痛や疲れ目を感じたりした時は、このツボが有効です。

パソコンを使う仕事の場合など、この部分を揉みほぐしたり、首を曲げる、回すなど、動かすだけでも症状を和らげることができます。

 

天柱のツボは、頭部や肩の肉体的な疲れだけでなく、頭を悩ませるなど神経的な疲れ、イライラにも効果があります。

 

実際に、そういった症状がある時にはツボを指圧したり、ツボストレッチをしてみて効果を感じてみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ツボの場所は、後頭部の髪の生え際にある2本の筋肉(僧帽筋)の外側のくぼみです。

 

 

天柱

     天柱

 

今週の経穴(ツボ) 膏肓今週のストレッチ

こんばんは!

とくやま鍼灸接骨院の中井晶士です!(´・ω・`)

今週は、トレーニングやストレッチではなく、経穴「ツボ」の紹介をさせてもらいます。

今回、紹介させてもらうのは膏肓(こうこう)というツボです。

東洋医学では「病は膏肓に入る」といい、この部分の病は鍼や薬の効き目が出にくい難病であるとされていました。

膏肓の膏は「油」「肥える」、肓は胸部と腹部の間にある薄い膜のことです。

つまり、横隔膜の上で、肺、心臓、胸膜の病気のことです。

疲れや動悸、息切れなど呼吸器にかかわる症状のほか、神経痛、肩こりなどにも効果があります。

押しにくい位置のツボですが、反対の手で肘を支えてストレッチしながらするのがコツです。

自宅、外出先でも、ツボの指圧、カイロで温めるなどやってみてください。

\\\\٩( ‘ω’ )و ////

2 / 1312345...10...最後 »
カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約