症例ブログ

症例ブログ アーカイブ

30代男性 腰痛の症例症例ブログ

30代男性 箕面在住 建設業 M.Wさん

仕事で重い荷物を持つことが多く、過去に2回ほどギックリ腰をされたことのある患者さんです。今回はまたギックリ腰になるような痛みがあったということで当院に来院されました。

来院された時には長時間座っていると腰に痛みがあり、背屈時や右側屈時に痛みがありました。今回は痛みの部位や徒手検査などから仙腸関節捻挫と判断しました。

治療は腰痛に効果のある「重力除去療法」(プロテック 参照)と「とくやま式マッサージ・ストレッチを行っていきました。

一回目の治療直後から腰がだいぶ楽になったと感じて頂きました。最初の2週間は週に2回の通院をしていただいて、腰の調子も良くなられました。その後からは週に1回のペースで3回来て頂いたところで腰に痛みを感じず、不安感がなくなったので完治とさせて頂きました。

今回の患者さんは痛みが初期の段階で来院されたので、約1ヶ月で不安感や最初に来て頂いた時にあった痛みを取り除くことができ、ギックリ腰の予防ができました。不安感のある時点できて頂くことでギックリ腰になるのを未然に防ぐことができるので、腰に違和感や不安感を感じた時には早めに治療にお越し下さい。

 

*効果は個人差があります。

50代女性 慢性的な腰痛(すべり症)症例症例ブログ

 

50代前半女性 箕面在住 U.Kさん

 

最近は痛みなく生活していたが、もともと慢性的な腰痛があり、約1ヶ月半前から再び腰痛が出現してきたので当院を受診してくださいました。

 

動作を変える時や、前屈みになるのがつらく、後ろに反る動作で左腰椎の4、5番の椎間関節に痛みが出現していました。

今回のU.Kさんは問診、徒手検査、触診からすべり症であると判断しました。

 

治療は、重力除去療法(プロテック参照)を2回続けての治療で大分良くなったといって頂いたので、3回目からはベッドでのストレッチ、とくやま式マッサージをしていきました。あとはストレッチの方法や就寝時の寝方を指導しました。

 

1週目、2週目と様子をみながら治療の間隔をあけていきました。ほぼ痛みが治まったので3週目からは週1回の頻度で3回治療を続け完治とさせてもらいました。

再発防止のポイントは痛みが治まったとしても、すぐに治療を止めないことです。

そこには判断の基準があります(重要!)

 

今回の患者さんは1ヶ月間しっかり提案通りに来院して治療したことや、?自宅でのストレッチ?腰痛の原因となる筋肉を緩める寝方をして頂いたので腰痛がなくなっていったのだと考えます。?骨盤ベルトも2週間程使ってもらいました。ギックリ腰はもちろん、慢性的な腰痛をお持ちの方でもしっかり治療をすると腰痛の出ない身体をつくることができます。もちろん、院内の治療も大切になりますが、慢性的な腰痛をなくしていくには、ご家庭でのケアも大切になってきます。

 

*効果は個人差があります。

30代女性 痛みで動けないほどのギックリ腰の症例症例ブログ

箕面在住 30代後半女性 Y.Mさん

8月10日の夜に大きなくしゃみをしたときに腰に動けないほどの激痛が走りました。過去に何回かギックリ腰になったことがあるけれど、これほどの痛みは初めてでした。2日後の12日に少し動けるようになったということで来院されました。

 

特に歩くことや立ち上がりが痛く、前屈するときに左腰部から殿部にかけての痛みがみられました。症状や痛みの場所、既往歴、徒手検査などから腰椎不安定症と判断しました。

 

「19日にバレエの発表会があり、それまでに動けるようになりたい」とのことでしたので、12日13日14日と3回続けての治療と腰の安定性を高める為の骨盤ベルトを出させてもらいました。治療としては重力除去療法(プロテック参照)ととくやま式マッサージ、ベットでのストレッチをしました。

 

治療前では前屈時に痛みがありましたが、1回目の治療後から前屈時に痛みがなくなり動きやすくなったと喜んでくださいました。1回2回3回と治療を行うごとにY.Mさんに笑顔が増えていき、私も嬉しく思いました。3回目の治療後には身体を動かしてもほとんど痛みがないと言って頂いたので、14日に完治とさせてもらいました。

 

今回、腰に痛みが出てすぐ来院されたことや3回続けて治療させてもらったこと、骨盤ベルトを使用していただいたことで早期に痛みがなくなったと考えます。「19日の発表会で腰の痛みを気にすることなく思い切り踊れました!」とおっしゃってくださいました。現在では発表会などの前に定期的に来て下さり、一緒に腰痛のでない身体作りを行っています。

 

 

上の写真は骨盤ベルトの写真です。

Y.Mさん本人ではありません。

 

*効果は個人差があります。

 

 

20代男性 ギックリ腰痛の症例症例ブログ

寝屋川市在住 20代後半男性 K・Tさん

低反発マットの購入をして寝ていたが、6月15日に朝起きたところ右の腰が痛みました。その2日後、右の殿部に痺れのような症状が出るので当院に来院されました。

来院時には毎朝起き上がる時に痛みがあり、体を前に倒したり、後ろに倒したりすると第4・5腰椎間の右側の起立筋や右の殿部に痛みがありました。ハムストリングスや股関節周囲の筋肉に緊張もみられました。今回は痛みの部位や痛めた状況などから腰椎椎間関節症と筋膜性腰痛と判断しました。

治療は急性期であるほど効果のある重力除去療法(プロテック参照)、とくやま式マッサージ・ストレッチを施術しました。

1回目の治療直後から腰が軽くなったと感じて頂きました。その翌日と3日後にも治療に来て頂き、この時点で起き上がりのときの痛みはほぼ無くなりましたので、完治とさせて頂きました。

今回の患者さんは痛みが出てすぐに来院されプロテックを使った治療をされたため3回の治療で痛みをとることができました。腰痛の治療は早期に治療すればするほど治りやすいので早めに治療に来て下さい。

 

*効果は個人差があります。

30代女性 ギックリ腰の症例腰痛

箕面市在住 30代後半女性 T・Sさん

日頃から仕事疲れでの慢性的な腰痛もちの患者さん。今回、狭いところで物をとろうと右手を伸ばした時に左の腰に痛みが走り、寝返りや動作開始時に痛みが出るギックリ腰で、当院に来院されました。

SLRは左右とも50°前後でしたが、腰からくる神経痛などはなく、ハムストリングスのかたさがみられました。また、痛みの部位や原因から左腰椎椎間関節捻挫と判断しました。

急性腰痛であるほど効果を発揮する重力除去療法(プロテック)を取り入れた治療を行いました。プロテックでは、腰にかかる上半身の重みを取り除いた状態で、腰の関節運動などを行うことができるので、痛めた関節を狙ってアプローチする事が可能です。治療後、痛みは3割減少していました。今回のギックリ腰に関して、5回しっかり続けて治療させていただいたところ、痛みがゼロになりました。

プロテックは急性腰痛に効果を発揮しますが、椎間板へ栄養を賄うためにも有効です。現在は、ギックリ腰の予防のためにも、週に1回のペースでケアとして来院して頂いています。患者さん自身、治療後の腰の軽さをすごい実感してくれています。

 

*効果は個人差があります。

右殿部から下肢への放散痛(腰部脊柱管狭窄症)の症例腰痛

箕面市在住 60代男性 H・Hさん

もともと違和感を感じていたが1ヶ月前から違和感とは違った痛みが出現。下肢の後面に電気が走るような痛みがあり長時間歩けないとのことで、当院に来院されました。

長時間歩けなくて休憩すると再び歩けるようになる間歇性跛行や、ベッドからの立ち上がりなどでの痛みといったところから、腰部脊柱管狭窄症と判断しました。

脊柱管とは背骨1つ1つにある穴が1本に連なり管になります。この管が加齢変性や、姿勢不良により狭くなったりします。そうなると、その管の中を通る神経を圧迫し足へのシビレなどが出現します。

H・Hさんへの治療は、姿勢不良改善の為に、セイフプレーンを用いました。腰の姿勢は、股関節周囲の筋緊張の強さが深く関わってきて、股関節をしっかり緩めていく必要があります。セイフプレーンは、ねじれの作用を生み、マッサージでは手の届かない深部の筋肉まで緩ますことができる機械です。機械が動かしてくれるので本人は疲労がたまることなく関節運動ができる治療機です。

最初は週に2回の頻度で治療し、3週目から週に1回の頻度で治療させていただき、約1ヶ月でほぼ、痛みはなくなりました。

現在は2週に1回でメンテナンスとして来院していただいています。

 

 

 

 

 

 

上の写真はセイフプレーンの写真です。

H・Hさん本人ではありません。

 

*効果は個人差があります。

50代女性 ぎっくり腰の症例腰痛

箕面市在住 女性 K.Hさん

3月7日の朝、資源ゴミの回収で古紙の束を持ち上げた時に腰部に痛みが走りました。 痛みがひかないため、翌日に来院して下さいました。

「14日に子供の卒業式があるから急いで治して欲しい」とのことでしたので、当院における腰痛のための最高のコース『腰痛バッチリコース』を施させて頂きました。

近年の腰痛の治療方針は少しでも早く運動療法を行うことなので、まずはセイフプレーンによるパワープラント運動療法で腰に負担をかけない運動療法を行い、股関節周辺の関節や筋肉を緩めて行きます。

次にプロテックによる骨盤矯正で、関節の内圧を下げてもう一度運動療法を行いました。

1回目の治療で痛みが半分以下になり、10日11日と続けて治療した所、ほぼ痛みが無い状態まで良くなってもらいました。

14日の卒業式も無事参加でき、17日の治療で完治とさせて頂きました。

 

*効果は個人差があります。

 

 

40代男性 膝の痛みの症例症例ブログ

川西市在住 Y.Yさん 40代男性

2月の初めにテニスをプレー中に転倒して膝を打ちました。最初は歩くのも痛かったが、徐々に痛みはひいてきていました。しかし、階段を昇る際などの痛みが残るため、2月27日に当院を受診。

膝の痛みは、膝蓋骨(膝のお皿)の内側に感じ、膝蓋圧迫テストが陽性だったことから、膝蓋大腿関節症と診断しました。

膝関節の中の痛みでしたので、パワープラント運動療法で膝に負担を掛けない運動療法を行い、プラスしてお灸ととくやま式マッサージで周辺の筋肉の緊張を緩和しました。

1日おきで5回治療した時点で痛みは3割程度になり、テニスも再開しました。その後2回治療させてもらい、痛みがほぼ消失したため完治とさせていただきました。

 

*効果は個人差があります。

 

50代女性 慢性腰痛の症例症例ブログ

箕面市在住 50代 女性 主婦

慢性的に腰痛があり、常に腰部が重たい感じで、動き始めにグキっとくるような痛みがありました。

15年前に、整形外科にて“すべり症”と診断を受けていたようですが、海外への転勤が重なり、治療は行っていませんでした。今回、時間ができたという事で、当院に来院してくださいました。

問診・触診などから、今の時点ではすべり症というよりかは、腰椎の椎間板変性からくる不安定症と判断しました。

治療は重力除去療法(プロテック)で腰椎の回旋・屈伸を行い、腰椎の可動性を出していきました。この動きを繰り返すことによって血流が良くなり、椎間板への栄養を与え、椎間板の修復を促進してくれます。

1回目の治療で、腰が軽くなったと感じて頂き、6回この治療を続けたところ、動き始めにあった痛みもほぼなくなり、再び忙しくなるということだったので、当院を卒業されました。

 

*効果は個人差があります。

40代女性のぎっくり腰痛の症例腰痛

箕面市在住 M・Nさん 40代 女性

朝、掃除機をかけていた途中で腰を捻ってしまい、ぎっくり腰になられてしまいました。

左腰部から臀部にかけての痛みがあり、体の前後屈・寝返りでの痛みが強く出ていました。

左腰椎の椎間関節捻挫と判断し、重力除去療法(プロテック)<写真?>により、痛みを緩和させながら、骨盤矯正を行いました。<写真?>その後、とくやま式マッサージを施しました。

初回の治療で痛みは3割軽減し寝返りもしやすくなっていました。

翌日続けて来院して頂きました。次の日から海外旅行へ1週間行かれるということだったので、2回目の治療は一段階治療の質をあげてセイフプレーンの機械<写真?>を追加しました。セイフプレーンは自分の力は全く使わずに寝ているだけで、ねじれの動きができる運動療法です。ねじれの作用により、背骨の際につく深部の筋肉まで緩ますことができて、関節の可動性を出していくことが出来ます。セイフプレーンを追加することでプロテックの効果が上乗せされます。

2回目の治療で痛みは更に減少し、動きもスムーズになっていました。『これなら旅行も大丈夫そうです。』と笑顔で帰っていかれました。

旅行明けに来院して頂き、様子をみて治療させてもらう予定です。

写真?

 

写真?

 

写真?

 

※写真の人物は実際の患者さんとは異なります。

 

*効果は個人差があります。

10 / 11« 先頭...7891011
カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約