膝蓋骨脱臼

症例ブログ

膝蓋骨脱臼症例ブログ

こんにちは!!

とくやま鍼灸接骨院の山村颯です!!

今回紹介させていただくのは、「膝蓋骨脱臼」です!

膝蓋骨とは、よく”膝のお皿”と呼ばれる部分です。

膝の横断面では、大腿骨正面の溝にはまるような位置にあります。膝蓋骨がこの溝を乗り越えてはずれることを脱臼と言い、乗り越えはしないがずれることを亜脱臼と言います。

 

主にジャンプの着地などで、大腿四頭筋が強く収縮したときに起こります。

生まれつきの素因を持っていることが多く、関節が元々ゆるい、膝蓋骨高位、下腿の外旋、大腿骨の構造的な問題などがあげられます。

 

・好発

10歳代の女性が生じることが多く、その後20?50%の方が繰り返し脱臼をきたすことがあります(反復性脱臼)。

膝が内側に入っている人に多く起こります。

・症状

膝関節に疼痛や腫脹が生じます。

反復性脱臼になると疼痛や腫脹は少なくなり、不安定感を強く訴えます。

 

?

・治療

膝蓋骨の脱臼は自然に元の位置に戻りやすいため整復動作が必要になる事は少ないですが、脱臼が継続している場合、徒手整復を行います。

その後、膝をテーピングやサポーターなどで固定します。痛みや関節の腫れが収まってきたら徐々に体重をかけて歩き、膝を動かすようにします。

・予防

膝蓋骨が外側にずれるのを防ぐように内側広筋の筋力トレーニング、外側広筋や靭帯をストレッチして柔軟性を高める方法、脱臼を誘発するような姿勢や動作をなるべく避けることなどを行います。

 

またわからないことがあれば、いつでも当院に相談してください!

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約