石灰沈着性腱板炎| 箕面 交通事故 病院

症例ブログ

石灰沈着性腱板炎| 箕面 交通事故 病院症例ブログ

こんにちは!

交通事故治療やアドバイスで多くの患者様からご好評頂いている

とくやま鍼灸接骨院の平井奈美です。

交通事故治療で病院や接骨院探しでお困りの方は

お気軽にご相談ください。

今日は

肩の石灰沈着性腱板炎について

お話していきますね!

この疾患は、特に思い当たる原因もなく

強く痛みが出現するものになります。

激痛で夜も眠れなかったりする方もいます。

腱板とは

肩のインナーマッスルになっており

棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋であり、

特に棘上筋に沈着しやすくなっています。

好発としては40〜50代の女性に多くなっています。

石灰はレントゲンで容易に診断することができます。

治療としては

急性期で激痛の場合は

整形外科にて注射をうつことで

痛みは緩和されます。

その後、

肩周囲のマッサージやリハビリで

血流をよくしていくことです。

整形への対診が必要と判断した場合は

当院からも紹介状を書くことも可能です。

どんなお悩みでもご相談ください!

患者様にとって

最善の治療を提供いたします!

 

 

カテゴリー

とくやま鍼灸接骨院 Amebaブログページ

ご予約が出来ます

スムーズに治療を受けて頂ける様 診療予約を承っております。 ぜひご活用ください。

TEL .072-724-7101

診察のご予約